sports_top01 sports_top02 sports_top03

WHAT IS SPORTS MEDICAL LABORATORY?WHAT IS SPORTS MEDICAL LABORATORY?
スポーツ医科学ラボについて

本Labでは、アスリートサポートとして本学の強化指定クラブの選手に対するサポートやテーピングやトレーニングの実技的な技術の習得を目指しています。
また、最先端の動作解析装置や筋力測定装置・超音波診断装置を使用した研究により外傷(怪我)・障害の予防や治療法を明らかにしております。

本Labではスポーツ傷害や整形外科疾患に対する理学療法に必要な知識・技術をアスリートサポートと研究を通して習得することを目標としております。具体的には、本学強化指定クラブの選手へのサポートや障害調査をしています。
また、傷害発生メカニズム解明や治療・予防法について動作解析やご遺体を用いた検討をしています。

INTRODUCTION
スポーツ医科学ラボの紹介です

野球肘・肩に苦しむ野球選手を減らす野球肘・肩検診
POINT

野球肘・肩に苦しむ野球選手を減らす野球肘・肩検診

野球選手が苦しむ障害の一つとして、肘や肩が痛くなる野球肘・肩があります。その治療・予防のためには早期発見・治療が大切になってきます。
超音波診断装置を用いた調査や筋力・関節の動く範囲である関節可動域などの調査研究を行うことで、野球肘・肩で苦しむ野球選手が一人でも少なくなるように教員と学生が協力して日々、取り組んでおります。

技術習得を目指した実践的なテーピング指導
POINT

技術習得を目指した実践的なテーピング指導

スポーツ現場での経験豊富な先生方からテーピングについての指導を受けることが出来ます。教科書では学べない技術面に関して、実践的な指導によりテーピングの技術習得を目指しています。
最初は上手に巻くことが出来ない学生たちも、失敗を繰り返しながら何度も練習を行っていくうちに上手にテーピングを巻くことが出来るようになります。

評価・トレーニングのマンツーマン指導実践
POINT

評価・トレーニングのマンツーマン指導実践

正確な理学療法評価やトレーニングについてマンツーマンでの指導を通して、知識・技術の習得を目指しています。基本的な解剖学・生理学の知識をベースに、患者様をどのようにして評価し、どのような治療法を選択するかについて学習していきます。
教員と学生との距離が近いことも本Labの特徴で、わかないことがなくなるまで徹底的に勉強していきます。

TOPICS & NEWS
スポーツ医科学ラボの最新情報です

TEACHER
教員の紹介

江玉 睦明

江玉 睦明

担当科目:整形外科理学療法学、物理療法学、応用肉眼解剖学 専門分野:機能解剖学、スポーツ理学療法学 研究領域:下肢の機能解剖学的研究、スポーツ障害の理学療法

菊元 孝則

菊元 孝則

担当科目:筋骨格系理学療法学/スポーツ障害理学療法学 専門分野:Athletic Rehabilitation、Orthopedic Physical Therapy 研究領域:非接触型膝前十字靭帯(ACL)損傷予防に向けての取り組み

中村 絵美

中村 絵美

担当科目:筋骨格系理学療法学、スポーツ障害理学療法学 専門分野:スポーツ理学療法学 研究領域:上肢のスポーツ障害・外傷予防、 成長期少年野球選手の投球障害に関する研究

伊藤 渉

伊藤 渉

担当科目:筋骨格系理学療法学、スポーツ障害理学療法学 専門分野:スポーツ理学療法、アスリートサポート 研究領域:スポーツ選手のけがを防ぐための研究を進めています。

平林 怜

平林 怜

担当科目:臨床実習Ⅰ、基礎ゼミ、理学療法基礎ゼミ 専門分野:スポーツ理学療法 研究領域:上肢のスポーツ障害・外傷予防、筋電図を用いた体幹の機能評価

PERFORMANCE
業績の紹介

STUDENT
ラボに所属する学生の紹介

  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真