神経生理Lab_1.jpg 神経生理Lab_2.jpg 神経生理Lab_3.jpg 神経生理Lab_4.jpg 神経生理Lab_5.jpg 神経生理Lab_6.jpg 神経生理Lab_7.jpg

神経生理ラボについて

本Labでは、 動く、感じる、姿勢をコントロールするといったリハビリテーションに重要な機能に関して、脳に着目をして研究を行っております。
この研究を通して、患者さんに対してどのようなリハビリテーションが効果的であるかを明らかにすることを目指しています。

本Labでは、運動、感覚、バランスといった理学療法に重要なキーワードに関し、脳に着目をして研究を行っています。
具体的には、脳の神経活動を記録する装置(脳波計、脳磁計)、脳を磁気および電気で刺激する装置(経頭蓋磁気および電気刺激)を用いて、より良い理学療法介入方法の検討を行っています。

神経生理ラボの紹介です

運動に関連する経路の興奮性を調べる(経頭蓋磁気刺激)
POINT

運動に関連する経路の興奮性を調べる(経頭蓋磁気刺激)

手足を動かすとき、脳から出た信号が脊髄を通り、最終的に目的の筋に到達して運動が生じます。この機器を用いると、その経路がどれくらい興奮しやすい状態かを調べることができます。
私たちがリハビリテーションで行っている様々な介入が、この経路の興奮性にどのような影響を及ぼすか調べることで、より良い介入方法の検討をしています。

脳を電気で刺激する(経頭蓋電気刺激装置)
POINT

脳を電気で刺激する(経頭蓋電気刺激装置)

脳には、運動、感覚、バランスといった各機能に対応した部位があることが知られています。この機器を用いて脳を刺激すると、その機能を向上させたり低下させたりすることができます。
患者さんの機能をより効率よく回復させるためには、脳のどの部位をどのような条件で刺激すると良いか検討しています。

脳の神経活動を記録する(脳波計)
POINT

脳の神経活動を記録する(脳波計)

運動を実行する際や、手や足などから様々な感覚情報(触られた・痛い・関節や筋が動いたなど)を受け取った際に、脳内の神経細胞が活動します。この機器を用いると、運動や感覚によって生じる神経活動を記録することができます。
様々な条件下でこのような神経活動を記録することにより、運動や感覚が脳の中でどのように情報処理されているかを検討しています。

神経生理ラボの最新情報です

教員の紹介

大西 秀明

大西 秀明

担当科目:神経筋機能解析学、理学療法ゼミ、卒業研究 専門分野:基礎理学療法学、神経科学 研究領域:運動と感覚(体性感覚)に関する神経生理学的研究

芝田 純也

芝田 純也

担当科目:リハビリテーション概論、リハビリテーション医学 専門分野:神経生理学、脳神経外科学 研究領域:非侵襲的脳刺激を用いた脳可塑性の研究、ネオ・リハビリテーション

大鶴直史

大鶴 直史

担当科目:理学療法基礎評価学Ⅱ、物理療法学、神経筋機能解析学 専門分野:神経科学、脳機能計測 研究領域:神経科学、痛みの脳内情報処理、慢性疼痛臨床研究

犬飼 康人

犬飼 康人

担当科目:中枢神経系理学療法学、理学療法基礎ゼミ、理学療法ゼミ 専門分野:理学療法学 研究領域:脳卒中片麻痺患者に対する理学療法、運動制御・姿勢制御に関わる研究

齊藤 慧

齊藤 慧

担当科目:中枢神経系理学療法学、神経筋機能解析学 専門分野:理学療法学、神経生理学 研究領域:理学療法学、神経生理学

小島 翔

小島 翔

担当科目:中枢神経系理学療法学、臨床実習Ⅲ 専門分野:理学療法学、神経生理学 研究領域:触覚刺激の刺激方法の違いが大脳皮質の活動に及ぼす影響を明らかにする研究、一定時間の触覚刺激介入が運動機能および感覚機能に及ぼす影響を明らかにする研究、脳卒中患者に対する脳刺激効果の個人特性を明らかにする研究

宮口 翔太

宮口 翔太

担当科目:基礎運動学、運動学実習、日常生活活動学、臨床実習Ⅰ 専門分野:理学療法学、神経生理学 研究領域:運動と脳活動に関する神経生理学的研究

長坂 和明

長坂 和明

担当科目:理学療法基礎評価学Ⅱ、神経筋機能解析学、臨床実習Ⅱ 専門分野:神経科学、脳計測科学 研究領域:痛みの脳内情報処理、脳科学

北谷 亮輔

北谷 亮輔

担当科目:理学療法基礎評価学Ⅱ、加齢と身体、臨床実習Ⅲ 専門分野:神経理学療法学、基礎理学療法学 研究領域:健常者や脳卒中患者を対象とした歩行の神経制御に関する研究、姿勢制御時における注意機能に関する研究。

業績の紹介