「膝関節伸展運動に伴う膝蓋上包の動態を明らかにしました!」

田中悠大さん(理学療法学科20期生、アレックス長野整形外科クリニック勤務)と江玉睦明教授(理学療法学科、スポーツ医科学Lab、アスリートサポート研究センター、運動機能医科学研究所)らの研究が国際誌に掲載されました

研究背景

膝蓋上包に関しては,古くから教科書などでは,膝蓋骨近位深層に位置する滑液包であり,膝関節運動に伴い単膜構造から2重膜構造へ変化することで,組織の摩擦軽減に作用すると記載されていました.しかし,膝蓋上包の動態は,これまで位置関係より推察されたもののみであり,実際の動態は確認されていないのが現状でした.そこで本研究では,関節の可動性があるThiel固定遺体4体8膝を用いて,膝関節運動に伴う膝蓋上包の動態を観察し,膝蓋上包が2重膜を呈し始める角度を明らかにしました.その結果,膝関節を屈曲位から伸展方向に動かした際に,屈曲約90度で膝蓋上包が単膜から2重膜構造へ変化する様子が観察できました.本研究結果は,膝関節屈曲可動域制限の評価や治療の一助となると考えられます.

本研究結果は、国際誌「Surgical Radiologic Anatomy」に掲載予定です.