2018年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Edama M, Ikezu M, Kaneko F , Kikumoto T, Takabayashi T , Hirabayashi R, Inai T, Kageyama I.Morphological features of the bifurcated ligament. Surg Radiol Anat. 2019; 41(1): 3-7.
  • Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Takabayashi T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Inai T, Ikezu M, Kaneko F, Kumazaki A, Inaba H, Omori G. Morphological characteristics of the lateral talocalcaneal ligament: A large-scale anatomical study. Surg Radiol Anat. 2019; 41(1): 25-28.
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I.The effect of differences in the number of fiber bundles of the anterior tibial ligament on ankle braking function: A simulation study. Surg Radiol Anat. Surg Radiol Anat. 2019; 41(1):69-73.
  • Edama M, Okuyama R, Goto S, Sasaki M. Influence of loading rate and limb position on patellar tendon mechanical properties in vivo. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2018; 10(61): 52-57.
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I.Differences in the strain applied to Achilles tendon fibers when the subtalar joint is overpronated: A simulation study. Surgical and Radiologic Anatomy. Surg Radiol Anat. 2019 May; 41(5): 595-599.
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I.The relationships between the quadratus plantae and the flexor digitorum longus and the flexor hallucis longus. Surg Radiol Anat. 2019 Apr 16. doi: 10.1007/s00276-019-02240-9. [Epub ahead of print]
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I.Relationships between differences in the number of fiber bundles of the anterior talofibular ligament and differences in the angle of the calcaneofibular ligament and their effects on ankle braking function. Surg Radiol Anat. 2019 Apr 16. doi: 10.1007/s00276-019-02239-2. [Epub ahead of print]
  • Hirabayashi R, Edama M, Kojima S, Ito W, Nakamura E, Kikumoto T, Onishi H. Spinal Reciprocal Inhibition in the Co-contraction of the Lower Leg Depends on Muscle Activity Ratio. Experimental Brain Research. 2019; 237(6): 1469-1478.
  • Hirabayashi R, Edama M, Kojima S, Nakamura M, Ito W, Nakamura E, Kikumoto T, Onishi H. Effects of Reciprocal Ia Inhibition on Contraction Intensity of Co-contraction. Frontiers in Human Neuroscience (JCR). 2018; 12: 57.
  • Takabayashi T, Edama M, Inai T, Kubo M. Sex-related differences in coordination and variability among foot joints during running. J Foot Ankle Res. 2018 Sep 17;11:53. doi: 10.1186/s13047-018-0295-9. eCollection 2018.
  • Takabayashi T, Edama M, Inai T, Kubo M. Gender differences in coordination variability between shank and rearfoot during running. Hum Mov Sci. 2019 Mar 30; 66: 91-97.
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Relationship between movement time and hip moment impulse in the sagittal plane during sit-to-stand movement: A combined experimental and computer simulation study. Biomed Eng Online. 2018 Apr 27; 17(1): 48.
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Effect of hip joint angle at seat-off on hip joint contact force during sit-to-stand movement: A computer simulation study. BioMedical Engineering OnLine. BioMed Eng OnLine. 2018; 17: 177.
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Effect of contralateral cane use on hip moment impulse in the frontal plane during the stance phase. Gait Posture. 2019 May; 70: 311-316.
  • Nakamura M, Hirabayashi R, Ohya S, Aoki T, Suzuki D, Shimamoto M, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Takabayashi T, Edama M. Effect of Static Stretching with Superficial Cooling on Muscle Stiffness. Sports Medicine International Open 2018; 02(05): E142-E147.
  • 江玉睦明高林知也.外側距踵靭帯の形態学的特徴.日本足の外科学会誌.2018.39(1):23-25.
  • 梨本智史,渡辺聡,角張勲,渡邉博史,杉戸裕一,飯田晋,江玉睦明,佐藤 卓.鼠径部痛と対側の腰椎分離症を併発した一症例.理学療法ジャーナル.2018.53(3) : 311-316.
  • 下島蒼一朗,坂本義峰,平林 怜,青木啓成.動作時の骨盤アライメント補正により疼痛が軽減したシンスプリントの一症例.長野県理学療法学会誌.2018;46(2):49-52.(原著論文)
  • 鈴木大地,中村雅俊,大箭周平青木孝史江玉睦明. 遅発性筋痛を生じた筋に対するストレッチング介入の効果 −スタティックストレッチングとホールドリラックスストレッチングの比較−. 体力科学. 2019. 68(2): 117-123.

学会発表>

  • 江玉睦明,影山幾男,菊元孝則高林知也平林怜,大西秀明.前脛腓靭帯の形態学的特徴.足の形態と機能研究会第1回学術集会
  • 江玉睦明高林知也.二分靭帯の形態学的特徴.第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 江玉睦明,影山幾男,菊元孝則高林知也平林怜,稲井卓真,伊藤渉中村絵美,熊崎昌,稲葉洋美,大森豪.外側距踵靭帯の形態学的特徴.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 江玉睦明武石みどり倉田聖也菊元孝則高林知也平林怜,稲井卓真,池津真大金子史弥,影山幾男.前脛腓靭帯の下部線維束の形態学的特徴~足関節背屈インピンジメント症候群に着目して~.第73回日本体力医学会大会
  • 江玉睦明,影山幾男,菊元孝則高林知也平林怜,稲井卓真,池津真大金子史弥,大西秀明.二分靭帯の形態学的特徴.第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会
  • 江玉睦明高林知也.前脛腓靭帯の下部線維束の形態学的特徴.第43回日本足の外科学会
  • 菊元孝則赤塚和眞中村絵美伊藤 渉平林 怜江玉睦明.慢性足関節不安定症における前距腓靭帯の定量的評価.第1回足の構造と機能研究会 学術集会
  • 菊元孝則江玉睦明中村絵美伊藤 渉平林 怜,熊崎 昌,稲葉洋美,大森 豪.膝関節伸展筋群における遠心性収縮時の量的・質的筋力評価と片脚着地時の床反力との関係-膝前十字靭帯損傷予防の観点から-.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 菊元孝則林 直道赤塚和眞中村絵美伊藤 渉平林 怜江玉睦明.慢性足関節不安定症における足関節底屈角度変化による離開率の定量的評価.第5回日本スポーツ理学療法学術大会
  • 菊元孝則, 上松大輔, 鈴木秀知, 水谷準, 信田純一, 小田口唯, 近良明.慢性足関節不安定症における荷重位での足関節底背屈角度の相違.第73回日本体力医学会
  • 中村絵美江玉睦明菊元孝則伊藤 渉平林 怜,大森 豪,山本智章,久保雅義.中学野球選手の身体機能の特徴-硬式と軟式の比較.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 伊藤 渉江玉 睦明,熊崎 昌,菊元 孝則中村 絵美平林 怜,稲葉 洋美,大森 豪.大学強化クラブに対する同一フォーマット用いたスポーツ傷害調査(第2報).第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 伊藤渉江玉睦明菊元孝則中村絵美平林怜,熊崎 昌,稲葉洋美,大森豪.大学生女性アスリートのdroli vertical jumliにおける接地時間とジャンプ高の競技による違い ―サッカー,バスケットボール,バレーボールの比較―.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 伊藤渉菊元孝則中村絵美平林怜江玉睦明.大学生女性アスリートのdroli vertical jumliにおけるACL危険率算出項目の競技による違い ―サッカー,バスケットボール,バレーボールの比較―.第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会
  • 伊藤 渉,加賀谷 善教,江玉 睦明,川原 貴.側方ホップの方向による膝関節外反モーメントの大きさの違い.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 伊藤渉江玉睦明菊元孝則中村絵美平林怜,大森豪.大学生女性サッカー選手におけるACL再建術後のdroli vertical jumliの膝外反変位量についての検討 ―対側再損傷例との比較―.第24回スポーツ傷害フォーラム
  • 伊藤渉金子史弥,岩村康平,江玉睦明.片脚droli vertical jumliにおけるknee in distanceと膝外反変位量の関係―より簡便なスクリーニングテストを目指して―.スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会第36回研修会
  • 中村絵美江玉睦明菊元孝則伊藤 渉平林 怜,大森 豪,山本智章,久保雅義.中学野球選手の身体機能の特徴-硬式と軟式の比較.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 平林 怜江玉睦明,小島翔,大西秀明.前脛骨筋とヒラメ筋の収縮強度変化が脊髄相反性抑制に及ぼす影響.第3回夏の学校
  • 平林 怜江玉睦明菊元孝則中村絵美伊藤渉,大西秀明.低強度の同時収縮が脊髄相反性抑制に及ぼす影響.第73回日本体力医学会
  • 平林 怜江玉睦明菊元孝則中村絵美伊藤渉,稲葉洋美,大森豪.関節運動前の過剰な事前収縮は運動パフォーマンス低下に影響.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 平林 怜江玉睦明,小島翔,伊藤渉中村絵美菊元孝則,大西秀明.同時収縮中の収縮強度変化が脊髄相反性抑制に及ぼす影響.第48回日本臨床神経生理学会
  • 平林 怜江玉睦明,小島翔,伊藤渉中村絵美菊元孝則,大西秀明.同時収縮中の収縮強度の割合がIa相反抑制とD1抑制に与える影響.第53回日本基礎理学療法学会学術集会
  • 高林知也江玉睦明,稲井卓真,中村絵美,久保雅義.日本人大学生におけるarch height flexibilityの基準値.足の形態と機能研究会第1回学術集会
  • 高林知也江玉睦明.日本人における若年男性の足部アーチモビリティーの基準値.第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 熊崎昌,江玉睦明菊元孝則中村絵美伊藤渉平林怜,大森豪.本学アスリートサポート研究センターによるAT/liT連携教育プログラムの試み.第7回アスレティックトレーニング学会
  • 高林知也江玉睦明中村絵美,大森豪,稲井卓真,久保雅義.Arch height indexを用いた新たな5タイプ分類の男女別基準値の作成.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 倉田聖也江玉睦明武石みどり平林怜金子史弥池津真大菊元孝則伊藤渉中村絵美,大森豪,影山幾男.底側踵舟靭帯の形態的特徴.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 高林知也江玉睦明,稲井卓真,中村絵美,久保雅義.男子大学生におけるarch height indexとarch height flexibilityの関係性.第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会
  • 高林知也江玉睦明.女子大学生におけるarch height indexとarch height flexibilityの関係.第43回日本足の外科学会
  • 高林知也江玉睦明,稲井卓真,久保雅義.ランニング中の後足部と下腿間のcoordination variabilityの性差.第39回バイオメカニズム学術講演会
  • 高林知也江玉睦明,稲井卓真,徳永由太,久保雅義.膝関節屈曲角度と膝関節伸展モーメントの変化がランニングにおける膝蓋大腿関節の圧迫力とストレスに与える影響.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 稲井卓真,高林知也江玉睦明,久保雅義.立脚期の股関節内・外転モーメントインパルスは股関節間力を反映する指標か?第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 稲井卓真,高林知也江玉睦明,久保雅義.歩行速度の変化は股関節内・外転モーメントインパルスに影響を与えるか?第3回日本基礎理学療法学会夏の学校
  • Takabayashi T , Edama M, Kanda M, Inai T, Tokunaga Y, Nakamura E, Suzuki M, Kubo M. Sex-related differences in coordination among foot joints during running. Asian Confederation for lihysical Theraliy (ACliT) Congress in Cebu
  • Nakamura M, Hirabayashi R, Kikumoto T, Nakamura E, Ito W, Edama M. The effects of static stretching on range of motion and shear elastic modulus with different rest interval duration. the International Society for Electrolihysiology and Kinesiology 2018 biennial congress
  • 竹田典広,伊藤渉,三富咲恵,菊池冴子,金子未来,江玉睦明,大森豪.スポーツ選手におけるACL再建術後のACL-RSIスコアと膝関節機能との関連.スポーツ傷害フォーラム.
  • 武石みどり江玉睦明倉田聖也金子史弥池津真大,影山幾男.前脛腓靭帯の下部線維束の形態的特徴~足関節前外側部の軟部組織性インピンジメントに着目して~.第124回日本解剖学会
  • 荒尾実束菊元孝則入岡拓郎林 直道中村絵美伊藤 渉平林 怜,大森 豪,江玉睦明.膝前十字靭帯再建術後の反対側における下肢関節モーメントの検証.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 入岡拓郎菊元孝則荒尾実束林 直道中村絵美伊藤 渉平林 怜,大森 豪,江玉睦明.膝前十字靭帯再建術後の反対側における電気力学的遅延の検証.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 林 直道菊元孝則荒尾実束入岡拓郎中村絵美伊藤 渉平林 怜,大森 豪,江玉睦明.慢性足関節不安定症における足関節底屈角度変化による腓骨外果-距骨間離開率の検証.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 松澤寛大中村絵美綿貫大祐上野 空菊元孝則伊藤 渉平林 怜,大森 豪,江玉睦明.大学野球選手における投球側・非投球側の肩関節後方軟部組織の厚さの比較.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 綿貫大祐中村絵美上野 空松澤寛大菊元孝則伊藤 渉平林 怜,大森 豪,江玉睦明.大学野球選手における上腕骨後捻角と投手経験の関係.第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 上野 空中村絵美綿貫大祐松澤寛大平林 怜伊藤 渉菊元孝則,佐藤和也,江玉睦明.大学野球部における外傷・障害調査-発生要因の特定と発生数減少に向けての一考察.日本野球科学研究会第6回大会
  • 安野颯人,鵜瀬亮一,中村絵美,大矢真史,佐藤和也.新潟県における野球競技人口拡大に向けた取り組み-南魚沼市での野球教室を例に.日本野球科学研究会第6回大会

2017年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Nakamura M, Ito W, Nakamura E, Takabayashi T, Hirabayashi R, Inai T, Onishi H. The effects on calcaneofibular ligament function of differences in the angle of the calcaneofibular ligament with respect to the long axis of the fibula: A simulation study. J Foot Ankle Res. 2017: 28;10:60.
  • Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Nakamura M, Ito W, Nakamura E,Hirabayashi R, Takabayashi T, Inai T, Onishi H. Morphological features of the anterior talofibular ligament by the number of fiber bundles. Annals of Anatomy. 2017: 28; 216:69-74.
  • Nakamura M, Ikezoe T, Nishishita S, Umehara J, Kimura M, Ichihashi N. Acute effects of static stretching on the shear elastic moduli of the medial and lateral gastrocnemius muscles in young and elderly women. Musculoskelet Sci Pract. 2017: 32:98-103.
  • Ohya S, Nakamura M, Aoki T, Suzuki D, Kikumoto T, Nakamura E,Ito W, Hirabayashi R, Takabayashi T, Edama M. The effect of running task on muscle shear elastic modulus of posterior lower leg. J Foot Ankle Res. 2017: 12; 10:56.
  • Sakata J, Nakamura E, Suzuki T, Suzukawa M, Akaike A, Shimizu K, Hirose N. Efficacy of a prevention program for medial elbow injuries in youth baseball players. American Journal of Sports Medicine. 2018:46; 2: 460-469
  • Umehara J, Kusano K, Nakamura M, Morishita K, Nishishita S. Tanaka H, Shimizu I, Ichihashi N. Scapular kinematic and shoulder muscle activity alterations following serratus anterior muscle fatigue. J Shoulder Elbow Surg. [in press]
  • Yanase K, Hasegawa S, Nakamura M, Yamauchi T, Nishishita S, Araki K, Umehara J, Sato K, Ibuki S, Ichihashi N. Electrical Stimulation to the Infraspinatus on Hypertrophy and Strength of the Shoulder. Int J Sports Med. [in press]
  • Umehara J, Nakamura M, Nishishita S, Tanaka H, Kusano K, Ichihashi N. Scapular kinematic alterations during arm elevation with decrease in pectoralis minor stiffness after stretching in healthy individuals. J Shoulder Elbow Surg. [in press]
  • Ikezoe T, Kobayashi T, Nakamura M, Ichihashi N. Effects of low-load, higher-repetition versus high-load, lower-repetition resistance training not performed to failure on muscle strength, mass, and echo intensity in healthy young men: a time-course study. J Strength Cond Res. [in press]
  • Kusano K, Nishishita S, Nakamura M, Tanaka H, Umehara J, Ichihashi N. Acute effect and time course of extension and internal rotation stretching of the shoulder on infraspinatus muscle hardness. J Shoulder Elbow Surg. 2017; S1058-2746(17)30256-2.
  • Yanase K, Hasegawa S, Nakamura M, Tanaka H, Umehara J, Araki K, Ibuki S, Ichihashi N. Acute Effect Of Electrical Stimulation On The Infraspinatus Muscle Using Different Types Of Muscle Contractions And Shoulder Joint Positions. Gazette Medica Italiana. 2017: 176(12):647-54
  • 江玉睦明,影山幾男,中村雅俊菊元孝則伊藤渉,高林知也,稲井卓真,大森豪,大西秀明.前距腓靭帯の線維束数の違いと足関節機能との関係.J. sports Injury: 2017: 21
  • 江玉睦明.アキレス腱障害発生メカニズムの解剖学的検証.日本基礎理学療法学雑誌. 2017: 20: 2: 16-22
  • 菊元孝則江玉陸明中村雅俊,宮川俊平.女子バスケットボール選手の股関節外転筋力が片脚着地時の膝関節アライメントに及ぼす影響.体力科学.2017:66:6: 399-405
  • 菊元孝則,宮川俊平.片脚着地時における矢状面上の下肢関節戦略.理学療法科学.2018:33: 2
  • 佐々木美憂江玉睦明奥山遼後藤聡介.月経周期における他動的膝関節屈曲時の膝蓋腱長の変化.体力科学.2017 [印刷中]
  • 樋口明奈,本間未来,山本望由,田中康雄,濱野礼奈,江玉睦明.月経周期における大学女子バレーボール選手の足関節機能の変化─筋力,関節位置覚,関節柔軟性に着目して─.理学療法科学.2017: 32:4: 503-507
  • 青木孝史中村雅俊鈴木大地大箭周平江玉睦明.皮膚冷刺激下での低負荷筋力トレーニングが筋厚および筋力に及ぼす影響.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine.2018 [印刷中]

学会発表>

  • 江玉睦明, 影山幾男, 中村雅俊, 菊元孝則, 伊藤渉, 中村絵美, 高林知也, 稲井卓真, 大西秀明.踵腓靭帯の走行や形状の違いが足関節機能に及ぼす影響~遺体を用いたシミュレーションによる検討~.第52回日本理学療法学術大会
  • 江玉睦明,高林知也.踵腓靭帯の走行の違いが足関節内反制動に及ぼす影響~肉眼解剖とシミュレーションを用いた検討~.第9回JOSKAS
  • 江玉睦明.踵腓靭帯の走行や形状の違いが足関節機能に及ぼす影響.第2回基礎理学療法学夏の学校
  • 江玉睦明,影山幾男,菊元孝則中村雅俊伊藤渉中村絵美平林怜,大西秀明.前距腓靭帯の線維束数の違いによる形態学的特徴.第72回日本体力医学会
  • 江玉睦明,影山幾男,中村雅俊菊元孝則伊藤渉中村絵美平林怜,高林知也,稲井卓真,大森豪,大西秀明.前距腓靭帯と踵腓靭帯の位置関係と付着部位について.第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 江玉睦明,高林知也.外側距踵靭帯の解剖学的特徴.第42回日本足の外科学会・学術集会
  • 江玉睦明, 影山幾男, 菊元孝則, 中村雅俊, 伊藤渉, 中村絵美, 平林怜, 高林知也, 稲井卓真, 大西秀明.前距腓靭帯の形態学的特徴と機能との関係について.第123回日本解剖学会.
  • 奥山遼後藤聡介佐々木美憂菊元孝則中村雅俊中村絵美伊藤渉,平林怜,江玉睦明.両脚スクワット肢位時の膝関節屈曲角度の違いにおける膝蓋腱長の変化について. 第72回日本体力医学会
  • 後藤聡介佐々木美憂奥山遼菊元孝則中村雅俊中村絵美伊藤渉平林怜江玉睦明.膝関節屈曲角度と膝関節伸展トルクの変化に伴う膝蓋腱長の変化.第72回日本体力医学会
  • 佐々木美憂奥山遼後藤聡介菊元孝則中村雅俊中村絵美伊藤渉平林怜江玉睦明.月経周期における他動的膝関節屈曲時の膝蓋腱長の変化.第72回日本体力医学会
  • 中村絵美川鍋慧人菊元孝則伊藤渉中村雅俊平林怜,大森豪,江玉睦明.大学硬式野球選手における上腕骨後捻角を考慮した肩回旋可動域の特徴.第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 中村絵美伊藤渉菊元孝則中村雅俊平林怜江玉睦明,山本智章,久保雅義.上腕骨近位骨端線損傷を有する中学硬式野球選手の身体機能の特徴.第14回肩の運動機能研究会(第44回日本肩関節学会)
  • 池津真大中村絵美五十嵐康太川原康平菊元孝則中村雅俊伊藤渉平林怜江玉睦明.大学男子体操選手における肩痛と肩甲胸郭関節機能の関係.第72回日本体力医学会大会
  • 平林怜,村上成道,岩谷友倫,紅楳英信,山本葵,青木啓成.オーバーヘッドスポーツにおける体幹機能評価の検証.第52回日本理学療法学術大会
  • 平林怜江玉睦明,小島翔,斎藤慧,中村雅俊伊藤渉中村絵美菊元孝則,大西秀明 同時収縮の強度の違いが相反性抑制度合に及ぼす影響.第2回基礎理学療法学夏の学校
  • 平林怜,伊坪敏郎,山本葵,岩谷友倫.上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の予後に影響を及ぼす初診時臨床的特徴.第43回日本整形外科スポーツ医学会
  • 平林怜中村雅俊菊元孝則中村絵美伊藤渉島本光希江玉睦明.上肢の肢位変化が体幹機能に及ぼす影響.第72回日本体力医学会
  • 平林怜中村雅俊,岩谷友倫,菊元孝則中村絵美伊藤渉島本光希江玉睦明.体幹と下肢の連動評価の検証 骨盤の固定有無が体幹と下肢の筋活動動態に及ぼす影響.第28回日本臨床スポーツ医学会
  • 菊元孝則江玉睦明中村雅俊中村絵美伊藤 渉,宮川俊平.バスケットボール競技における非接触型膝前十字靭帯損傷予防に必要な矢状面上の下肢関節戦略.第52回日本理学療法学術大会
  • 菊元孝則江玉睦明中村雅俊中村絵美伊藤 渉平林 怜,宮川俊平.膝蓋大腿関節弛緩性に着目した膝蓋骨可動性の定量的評価 第72回日本体力医学会大会
  • 菊元孝則中村雅俊伊藤渉中村絵美,古川勝弥,竹田典広,平林 怜,藤田匡俊,大森豪,江玉睦明.片脚着地時における膝関節伸展トルク加速時間と床反力との関係.第28回日本臨床スポーツ医学会
  • 菊元孝則.非接触型膝前十字靭帯損傷予防に必要な矢状面上の下肢関節戦略.第4回日本バスケットボール学会
  • 中村雅俊,渡邊博昭,椿淳裕,森下慎一郎,江玉睦明菊元孝則伊藤渉,高林知也,大西 秀明.骨格筋電気刺激が内頚動脈血流量に及ぼす影響の検討.第52回日本理学療法学術大会
  • 中村雅俊江玉睦明大箭周平青木孝史鈴木大地菊元孝則伊藤渉中村絵美,高林知也.ヒラメ筋の付着がMedial Tibial Stress Syndromeによる疼痛発生に関与するか?―超音波画像診断装置を用いた解剖学的検討-.第52回日本理学療法学術大会
  • 中村雅俊,吉村美保,福岡義之,海老根直之,北條達也.炭酸冷水浴により遅発性筋痛は予防できるか?.第82回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会
  • 中村雅俊平林怜青木孝史大箭周平鈴木大地島本光希菊元孝則中村絵美伊藤渉江玉睦明.アイシングが筋の他動的性質に及ぼす影響.第72回 日本体力医学会大会
  • 鈴木大地中村雅俊大箭周平青木孝史菊元孝則中村絵美伊藤渉平林怜江玉睦明.遅発性筋痛に対するスタティックストレッチングとホールドリラックスストレッチングの比較.第72回 日本体力医学会大会
  • 大箭周平中村雅俊青木孝史鈴木大地菊元孝則中村絵美伊藤渉平林怜江玉睦明.ランニングが足関節底屈筋群の筋硬度に及ぼす影響.第72回 日本体力医学会大会
  • 青木孝史中村雅俊鈴木大地大箭周平菊元孝則中村絵美伊藤渉平林怜江玉睦明.皮膚冷刺激下での低負荷トレーニングの効果.第72回 日本体力医学会大会
  • 中村雅俊平林怜大箭周平青木孝史鈴木大地島本光希菊元孝則伊藤渉中村絵美高林知也江玉睦明.アイシングとストレッチングの併用が筋硬度に及ぼす影響の検討―せん断波エラストグラフィー機能を用いた検討―.第25回日本物理療法学会学術大会
  • 中村雅俊,高林知也,大箭周平,菊元孝則,伊藤渉,中村絵美,平林怜,大森豪,江玉睦明.Arch Height Indexの再現性および基準値の検討.第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 伊藤渉, 加賀谷善教, 江玉睦明, 菊元孝則, 中村雅俊, 中村絵美, 川原貴.片脚着地動作における膝関節外反モーメントの発生の有無が切り返し動作における膝関節外反モーメントの大きさに与える影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 伊藤渉, 江玉睦明, 柵木聖也, 熊崎昌, 菊元孝則, 中村雅俊, 中村絵美, 大森豪.大学におけるスポーツ外傷・障害調査システムの構築 学内全強化クラブに対する同一フォーマットを用いた半シーズンの調査.第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 伊藤渉江玉睦明、柵木聖也、熊崎昌、菊元孝則中村雅俊中村絵美、大野健太、竹田典広、田中康雄、西沢岳之、古川勝弥、藤田匡俊、横山咲恵、大森豪.新潟医療福祉大学におけるスポーツ傷害調査システムの構築―学内全強化指定クラブに対する同一フォーマットを用いた半シーズンの調査―.第17回新潟医療福祉学会学術集会

書籍・総説・解説>

  • 江玉睦明.急性期の治療とその技術「組織のヒーリングプロセス-腱・筋腱移行部」.スポーツ理学療法プラクティス.p58-65
  • 江玉睦明.機能障害別マネジメント「足関節底屈機構の障害」.足部・足関節理学療法マネジメント
  • 江玉睦明.機能障害別ケーススタディー「足関節底屈機構障害」.足部・足関節理学療法マネジメント
  • 中村雅俊.スタティック・ストレッチングが柔軟性に及ぼす影響.CREATIVE STRETCHING Vol.38. 1-5
  • 中村雅俊.スタティック・ストレッチングが障害を予防できるのか?CREATIVE STRETCHING  Vol.39. 1-5
  • 中村雅俊.スタティック・ストレッチングが柔軟性に及ぼす影響.CREATIVE STRETCHING Vol.40 6-8
  • 伊藤渉.フィールドテスト(ラグビー)スポーツ理学療法プラクティス 機能評価診断とその技法 189-195
  • 伊藤渉、熊崎昌.スポーツ選手のためのリハビリテーションを考える 12 脳振盪後の復帰のためのテスト(1)月刊 トレーニング・ジャーナル4月号
  • 伊藤渉、熊崎昌.スポーツ選手のためのリハビリテーションを考える 12 脳振盪後の復帰のためのテスト(2)月刊 トレーニング・ジャーナル5月号

講演・シンポジウムなど>

  • 江玉睦明.構造から機能・病態・治療を探る.第1回 運動器系解剖学講演会
  • 江玉睦明.足関節外側靭帯の形態と機能との関係について 足の形態と機能研究会.キックオフミーティング
  • 菊元孝則.成長期のスポーツ選手に求められる身体機能 ~セルフチェックと指導~.新潟市中体連部活動指導者エキスパート養成会
  • 菊元孝則.非接触型 膝前十字靭帯損傷予防に必要な 矢状面上の下肢関節戦略.第6回新潟スポーツ傷害フォーラム
  • 菊元孝則.バスケットボールにおける障害・外傷予防.新潟県選抜ミニバスケットボール大会
  • 中村絵美.成長期の子どもたちに多いケガとその予防.平成29年度順天堂大学啓友会新潟県支部総会・講演会
  • 中村絵美.成長期のスポーツ選手に求められる身体機能 ~セルフチェックと指導~.新潟市中体連部活動指導者エキスパート養成会
  • 中村雅俊.健康指導におけるストレッチングの重要性とそのエビデンス.平成29年度第2回日本健康運動指導士会大阪府支部研修会
  • 中村雅俊.スポーツにおけるトレッチングの重要性とそのエビデス.第11回新潟スポーツ理学療法研究会研修会
  • 中村雅俊.超音波画像診断装置を用いたストレッチングの効果と方法について―せん断波エラストグラフィー機能を用いた検討―.実践リハビリ研究会
  • 中村雅俊.シンポジウム「運動療法のエビデンスを求めて」ストレッチングが柔軟性に及ぼす効果について.第4回京都リハビリテーション医学研究会学術集会
  • 伊藤渉.脳振盪のリハビリテーションとその評価.PAS-Tセミナー
  • 伊藤渉.安全対策に対する情報提供.新潟県ラグビーフットボール協会安全推進講習会

2016年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Edama M,Kageyama I,Nakamura MKikumoto TNakamura EIto WTakabayashi T,Inai T,Onishi H.Anatomical study of the inferior patellar pole and patellar tendon. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports
  • ・Edama M, Onishi H, Kubo M, Takabayashi T, Inai T, Yokoyama E, Watanabe H, Nashimoto S, Kageyama I.Structure of the Achilles tendon at the insertion on the calcaneal tuberosity.Journal of Anatomy
  • Edama M, Kubo M, Onishi H, Takabayashi T, Yokoyama E, Inai T, Watanabe H, Nashimoto S, Kageyama I.Mechanistic investigation of Achilles tendon disorder development using anatomical and biomechanical methods. Foot and ankle online journal
  • Nakamura M, Ikezoe T, Umegaki H, Kobayashi T, Nishishita S, Ichihashi N.Changes in passive properties of the gastrocnemius muscle-tendon unit during a 4-week routine static stretching program.J Sport Rehabil
  • Nakamura M, Hasegawa S, Umegaki H, Nishishita S, Kobayashi T, Fujita K, Tanaka H, Ibuki S, Ichihashi N The difference in passive tension applied to the muscles composing the hamstrings - comparison among muscles using ultrasound shear wave elastography.Man Ther
  • Ichihashi N, Umegaki H, Ikezoe T, Nakamura M, Nishishita S, Fujita K, Umehara J, Nakao S, Ibuki S.The effects of a 4-week static stretching program on the individual muscles comprising the hamstrings J Sports Sci. 34(23):2155-2159.
  • Yamauchi T, Hasegawa S, Nakamura M, Nishishita S, Yanase K, Fujita K, Umehara J, Ji X, Ibuki S, Ichihashi N.Effects of two stretching methods on shoulder range of motion and muscle stiffness in baseball players with posterior shoulder tightness: a randomized controlled trial.J Shoulder Elbow Surg.
  • Umehara J, Hasegawa S, Nakamura M, Nishishita S, Umegaki H, Tanaka H, Fujita K, Kusano K, Ichihasi N.Effect of scapular stabilization during cross-body stretch on the hardness of infraspinatus, teres minor, and deltoid muscles: An ultrasonic shear wave elastography study.Musculoskeletal Science and Practice
  • Fujita K, Nakamura M, Umegaki H, kobayashi T, Nishishita S, Tanaka H, Ibuki S, Ichihashi N.Effects of Thermal Agent and Physical Activity on Muscle Tendon Stiffness, and Effects Combined with Static Stretching.J Sport Rehabil
  • Umehara J. Nakamura M. Fujita K. Kusano K. Nishishita S. Araki K. Tanaka H. Yanase K. Ichihashi N.Shoulder horizontal abduction stretching effectively increases the shear elastic modulus of the pectoralis minor muscle: an experimental study.J Shoulder Elbow Surg.
  • Tanaka H, Ikezoe T, Nakamura M, Yanase K, Fujita K,Motomura Y, Kusano K, Araki K, Umehara J, Saeki J, Morishita K, Ichihashi N.Improvement in muscle strength with low-load isotonic training depends on fascicle length but not joint angle.Muscle Nerve
  • Saeki J, Nakamura M, Nakao S, Fujita K, Yanase K, Ichihashi N.Muscle stiffness of posterior lower leg in runners with a history of medial tibial stress syndrome.Scand J Med Sci Sports
  • Saeki J, Nakamura M, Nakao S, Fujita K, Yanase K, Morishita K, Ichihashi N.Ankle and toe muscle strength characteristics in runners with a history of medial tibial stress syndrome. J Foot Ankle Res
  • 江玉睦明久保雅義大西秀明高林知也,稲井卓真,渡邉博史,梨本智史,影山幾男.膝蓋骨と膝蓋腱の解剖学的特徴~膝蓋骨下極に着目して~.J. sports Injury
  • 樋口明奈,本間未来,山本望由,田中康雄,濱野礼奈,江玉睦明.月経周期における大学女子バレーボール選手の足関節機能の変化‐筋力,関節位置覚,関節柔軟性に着目して‐.理学療法科学
  • 中村雅俊,池添冬芽,西下智,梅原潤,市橋則明.スタティックストレッチングが腓腹筋筋腱複合体の筋力及びスティフネスに及ぼす影響の検討:異なるストレッチング時間と反復回数を用いた検討.体力科学
  • 中村雅俊,池添冬芽,西下智,梅原潤,市橋則明.ストレッチング方法の違いにより大腿二頭筋の伸長部位を変化させることができるか?―せん断波エラストグラフィー機能を用いた検討―.理学療法学
  • 松村葵,建内宏重,中村雅俊,市橋則明.低負荷・低速度でのエクササイズが棘下筋に与える影響 − エクササイズ前後の筋断面積の比較による検討−.理学療法学

学会発表>

  • 江玉睦明久保雅義大西秀明高林知也,稲井卓真,横山絵里花,渡邉博史,梨本智史,影山幾男.踵骨を動かした際のアキレス腱線維束に加わる伸張度の違いについて..第 51 回日本理学療法学術集会
  • 江玉睦明.踵骨隆起付着部におけるアキレス腱の捻れ構造.第 8 回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 江玉睦明,影山幾男,中村雅俊菊元孝則伊藤渉中村絵美高林知也,稲井卓真,大西秀明.膝蓋腱炎発生機序の解剖学的検討 第 27 回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 江玉睦明,影山幾男,中村雅俊菊元孝則伊藤渉中村絵美高林知也,稲井卓真,大西秀明.前距腓靭帯の線維数の違いと足関節内反制動との関係.第 22 回スポーツ傷害フォーラム
  • 江玉睦明,影山幾男,中村雅俊,菊元孝則,伊藤渉,中村絵美,高林知也,大西秀明.膝蓋骨下極と膝蓋腱の解剖学的特徴~膝蓋腱炎発生メカニズムに着目して~.第 122 回日本解剖学会
  • 中村雅俊,武内孝祐,江玉睦明菊元孝則伊藤渉中村絵美高林知也,大森豪.関節可動域と筋 の伸長性および伸長感に対する耐性の関係.第 27 回日本臨床スポーツ医学会学術集会
  • 中村雅俊,中尾彩佳,佐伯純弥,江玉睦明大西秀明,市橋則明.遠心性収縮がハムストリングス各筋の弾性率に及ぼす影響.第 71 回日本体力医学会大会
  • 中村雅俊,長谷川聡,梅原潤,草野拳,清水厳郎,森下勝行,市橋則明.僧帽筋上部線維の効果的なストレッチング肢位の検討.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 中村雅俊,池添冬芽,梅原潤,田中浩基,藤田康介,森下勝行,市橋則明.股関節肢位が足関節背屈ストレッチング効果に及ぼす影響.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 中村雅俊,藤堂萌,海老根直之,橘未都,田中誠智,高倉久志,北條達也.肥満体型がサウナ浴後のエネルギー消費量に及ぼす影響の検討―標準体型との比較―.第 81 回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会
  • Nakamura M, Okamoto C, Tsuchiya T, Tanaka M, Takeuchi K, Tsukuda F, Hojo T, Nakamura Y Effect of repeated short-distance sprints in addition to a standardized warm-up routine on swing velocity the 21th Annual European College of Sport Science Congress
  • Ito W.Prediction of knee valgus moment during a hop-and-sidestep test simulated sidestep cutting in rugby players.21st Annual congress of the European college of sport science.
  • 菊元 孝則中村 雅俊中村 絵美伊藤 渉江玉睦明.矢状面上における着地動作の下肢関節戦略.第 17 回日本電気生理運動学会
  • 菊元 孝則,古川 勝弥,竹田 典広,藤田 匡俊,江玉睦明中村 雅俊伊藤 渉中村 絵美.レイアップシュート着地時における膝関節外反モーメントと股関節外転機能との関係.第 27 回日本臨床スポーツ医学会
  • 菊元 孝則,古川 勝弥,竹田 典広,宮川 俊平.股関節外転筋力が膝関節アライメントに及ぼす影響.第 71 回日本体力医学会
  • 伊藤渉, 加賀谷善教, 川原貴.両脚と片脚の動作課題における膝外反モーメントの違い.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 伊藤渉, 加賀谷善教, 江玉睦明, 大森豪,菊元孝則中村雅俊中村絵美,川原貴.着地動作における膝外反モーメント発生群と非発生群の kinematics の違い.第 27 回日本臨床スポーツ医学会
  • 伊藤渉, 加賀谷善教, 川原貴.切り返し動作における膝関節外反モーメントの増大因子の検証―三次元動作解析を用いた下肢、体幹の運動学データによる分析―.スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会 第 34 回研修会
  • 中村絵美,坂田 淳,久保雅義.学童野球選手におけるセルフチェックテストの有用性.第 5 回日本アスレティックトレーニング学会学術集会
  • 中村絵美,坂田 淳,赤池 敦,久保雅義.学童野球選手における上腕骨近位骨端線損傷の危険因子に関する前向き研究.第 42 回日本整形外科スポーツ医学会学術集会
  • 中村絵美,赤池 敦,久保雅義.上腕骨近位骨端線損傷を有する少年野球選手の肩甲胸郭関節機能.第 43 回日本肩関節学会

書籍・総説・解説>

  • 江玉睦明.Sports Physical Therapy Seminar Series (10) 膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 骨軟骨病変(脛骨大腿関節) 疫学・病態
  • 江玉睦明.フィジカルアセスメント 治療経過と共に歩容の悪化を呈した両側変形性膝関節症の症例
  • 伊藤渉.Sports Physical Therapy Seminar Series (10) 膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 骨軟骨病変(脛骨大腿関節) 疫学・病態
  • 伊藤渉.Training journal スポーツ選手のためのリハビリテーションを考える(4)スポーツ選手のためのパフォーマンステストとは(3)
  • 伊藤渉.Training journal スポーツ選手のためのリハビリテーションを考える(5)スポーツ選手のためのパフォーマンステストとは(4)
  • 伊藤渉.Training journal スポーツ選手のためのリハビリテーションを考える 12.脳振盪後の復帰のためのテスト(1)
  • 中村絵美.Sports Physical Therapy Seminar Series (10) 膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 内側側副靭帯・外側側副靭帯損傷

講演・シンポジウムなど>

  • 江玉睦明.肉眼解剖の運動器系理学療法への還元.第 9 回新潟スポーツ理学療法研究会研修会
  • 江玉睦明.アキレス腱障害発生メカニズムの解剖学的・生体力学的検証.第 51 回日本理学療法学会「U39 若手研究者による最先端研究紹介」
  • 江玉睦明.アキレス腱の捻れ構造の機能的役割.一般社団法人体表解剖学研究会 第 5 回体表解剖学研究会全国研修会
  • 江玉睦明.肉眼解剖の運動器系理学療法への還元.形態学と運動学に基づく理学療法研究会
  • 江玉睦明.アキレス腱障害発生メカニズムの解剖学的・生体力学的検討.さとう整形外科クリニック
  • 江玉睦明.理学療法士による肉眼解剖研究について.一般社団法人体表解剖学研究会第 20 回運動器系体表解剖学セミナー
  • 江玉睦明.骨格筋の触察について.株式会社オンアンドオン
  • 菊元孝則.「正しい立ち方・歩き方」.変形性股関節症のぞみ会
  • 菊元孝則.「成長期のスポーツ選手に必要な身体機能」.第 1 回部活動指導者エキスパート養成講座
  • 菊元孝則.「プロバスケットボールチームのトレーナーの役割と実際」.第 10 回新潟スポーツ理学療法研究会研修会
  • 菊元孝則.「オーバーヘッドスポーツの肩関節疾患治療の科学的基礎 ~関節軟骨病変~」.第 13 回スポーツ理学療法セミナー
  • 伊藤渉.カッティング動作における膝外反モーメントに関連するスクリーニングテストの検討.第 5 回新潟スポーツ傷害フォーラム―新潟県スポーツドクター協会研修会―
  • 伊藤渉.競技別(ラグビー).平成 28 年度後期神奈川県トレーナー研修会

科研費・外部資金>

  • 江玉睦明.若手研究 B.アキレス腱障害発生メカニズムの解明~解剖学的・生体力学的手法を用いて~
  • 中村絵美.研究活動スタート支援.中学野球選手における投球障害の実態把握と危険因子の解明
  • 中村雅俊.日本温泉気候物理医学会第 9 回研究奨励賞.マイクロバブルを用いた炭酸浴の有用性の検討―最適な温度の検討および疲労回復効果までの検討―