ヘルスプロモーションLab_1 ヘルスプロモーションLab_2 ヘルスプロモーションLab_3

WHAT IS HEALTH PROMOTION LABORATORY?WHAT IS HEALTH PROMOTION LABORATORY?
ヘルスプロモーションラボについて

本Labでは、地域の方々と交流し、多様な視点から地域の高齢者にアプローチすることで、人を総合的に見ていく事を学びます。
またロコモ予防や転倒予防、腰痛・肩こりなどの生活習慣病の予防や治療法を研究しています。

本Labでは、主に若年者~高齢者までを対象に、①慢性運動器痛(腰痛、膝痛、肩こり)予防、②転倒・骨折予防、③ロコモティブ(運動器)症候群予防を職域、地域において活動しています。
さらに④地域理学療法にも関係し、フィリピンでの地域理学療法についても活動しています。

INTRODUCTION
ヘルスプロモーションラボの紹介です

背骨の曲がり具合の計測
POINT

背骨の曲がり具合の計測

高齢者や肩こり・腰痛の患者さんの痛みや日常生活動作の制限因子の一つとして、悪い姿勢や背骨の変形を認めることがあります。
脊柱計測分析器(スパイナルマウス)という機器を用いて脊柱の角度を計測し、脊柱の曲がり度合いを確認します。

臨床で使える評価・治療法の指導
POINT

臨床で使える評価・治療法の指導

臨床経験豊富な先生方から、臨床の場で簡便に用いやすい評価や治療法の指導を直接受けることができます。また個々の症例に関してのディスカッションなどを通して、アドバイス等を受けることもできます。
臨床実習に向けての準備や実習終了後のレビュー、また卒業後、理学療法士として歩みだすための準備のため、各教員が取り組んでいます。

あなたの歩きをチェックします(歩行状態の計測)
POINT

あなたの歩きをチェックします(歩行状態の計測)

「歩けるようになりたい」──理学療法の対象者の多くの願いです。「歩く」という基本的な動作の回復を手伝う理学療法士にとって、人がどのように歩いているのかを根本から理解することが大切です。
Labでは、オプトゲイトという歩行分析装置を用いて、歩行動作への理解を深めます。

TOPICS & NEWS
ヘルスプロモーションラボの最新情報です

TEACHER
教員の紹介

佐藤 成登志

佐藤 成登志

担当科目:臨床実習Ⅲ、治療技術特論、加齢と身体 専門分野:腰痛、姿勢分析、徒手的治療(マイオチューニングアプローチ) 研究領域:腰痛に対する理学療法、加齢に伴う脊柱アライメントと筋動態、徒手的治療(マイオチューニングアプローチ)による筋調整に関する研究

古西 勇

古西 勇

担当科目:理学療法ゼミⅠ、臨床実習Ⅱ、国際保健の世界、加齢と身体、研究法、卒業研究 専門分野:理学療法学、公衆衛生学、国際保健医療学 研究領域:高齢者の健康増進、開発途上国における障害者支援、理学療法教育

神田 賢

神田 賢

担当科目:理学療法基礎評価学Ⅰ 専門分野:徒手療法(Folsom Physical Therapy Orthopedic Manual Therapy Educational System) 研究領域:頚部痛・肩凝りに関しての理学療法・運動療法、腰痛に対しての理学療法・運動療法

鈴木 祐介

鈴木 祐介

担当科目:日常生活活動学、地域理学療法学 専門分野:運動器理学療法学、高齢者の健康増進・介護予防 研究領域:変形性膝関節症と身体機能との関係性、変形性膝関節症に対する効果的な理学療法開発に関する研究

PERFORMANCE
業績の紹介

STUDENT
ラボに所属する学生の紹介

  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真
  • 学生写真