2018年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Takabayashi T, Edama M, Inai T, Kubo M. Gender differences in coordination variability between shank and rearfoot during running. Human Movement Science. 2019; 66: 91-97.
  • Takabayashi T, Edama M, Inai T, Kubo M. Sex-related differences in coordination and variability among foot joints during running. Journal of Foot and Ankle Research. 2018; 11(53).1-8.
  • 高林知也,江玉睦明,中村絵美,柳宗,稲井卓真,大森豪,久保雅義.日本人大学生における女性の足部アーチモビリティーの基準値.J Sports Injury. 2018; 23: 8-9.
  • 高林知也.運動科学の概念に基づく筋機能に着目した走行動作の捉え方.理学療法. 2018; 35(10): 908-914.
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Effect of contralateral cane use on hip moment impulse in the frontal plane during the stance phase. Gait & Posture. 2019; 70: 311-316.
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Relationship between movement time and hip moment impulse in the sagittal plane during sit-to-stand movement: A combined experimental and computer simulation study. BioMedical Engineering Online. 2018; 17(48).1-13.
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Effect of hip joint angle at seat-off on hip joint contact force during sit-to-stand movement: A computer simulation study. BioMedical Engineering Online. 2018; 17(1). 1-14.
  • 市川崇,亀尾徹,久保雅義. 膝痛に対する機能障害に基づく分類システムによる運動器理学療法に関する文献的考察. 理学療法学. 2018; 5: 318-324
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I. Relationships between differences in the number of fiber bundles of the anterior talofibular ligament and differences in the angle of the calcaneofibular ligament and their effects on ankle braking flinction. Surgical and Radiologic Anatomy.(in press)
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I. The relationships between the quadratus plantae and the flexor digitorum longus and the flexor hallucis longus. Surgical and Radiologic Anatomy.(in press)
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I. Differences in the strain applied to Achilles tendon fibers when the subtalar joint is overpronated: A simulation study. Surgical and Radiologic Anatomy. 2019; 41(5): 595-599.
  • Edama M, Takabayashi T, Inai T, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Ikezu M, Kaneko F, Kageyama I. The effect of differences in the number of fiber bundles of the anterior tibial ligament on ankle braking function: A simulation study. Surgical and Radiologic Anatomy. 2019; 41(1): 69-73.
  • Edama M, Kageyama I, Kikumoto T, Takabayashi T, Ito W, Nakamura E, Hirabayashi R, Inai T, Ikezu M, Kaneko F, Kumazaki A, Inaba H, Omori G. Morphological characteristics of the lateral talocalcaneal ligament: A large-scale anatomical study. Surgical and Radiologic Anatomy. 2018; 41(1): 25-28.
  • Edama M, Ikezu M, Kaneko F, Kikumoto T, Takabayashi T, Hirabayashi R, Inai T, Kageyama I. Morphological features of the bifurcated ligament. Surgical and Radiologic Anatomy. 2018; 41(1): 3-7.

学会発表>

  • Kubo M, Inai T, Tokunaga Y. What we can get by adopting the knee-in position in landing. ACPT.
  • 高林知也,江玉睦明,稲井卓真徳永由太久保雅義.膝関節屈曲角度と膝関節伸展モーメントの変化がランニングにおける膝蓋大腿関節の圧迫力とストレスに与える影響.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 高林知也,江玉睦明,稲井卓真,中村絵美,徳永由太久保雅義.Arch height flexibilityを用いた新たな足部評価基準値の作成.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 高林知也,江玉睦明,稲井卓真,中村絵美,久保雅義.男子大学生におけるarch height indexとarch height flexibilityの関係性.第5回日本スポーツ理学療法学会学術大会
  • Takabayashi T, Edama M, Kanda M, Inai T, Tokunaga Yuta, Nakamura E, Suzuki M, Kubo M. Sex-related differences in coordination among foot joints during running. ACPT.
  • 高林知也,江玉睦明,稲井卓真久保雅義.ランニング中の後足部と下腿間のcoordination variabilityの性差.第39回バイオメカニズム学術講演会.
  • 高林知也,江玉睦明,中村絵美,大森豪,稲井卓真久保雅義.Arch height indexを用いた新たな5タイプ分類の男女別基準値の作成.第29回臨床スポーツ医学会
  • 高林知也,江玉睦明.大学生男女におけるarch height indexとarch height flexibilityの関係.第43回日本足の外科学会
  • 高林知也,江玉睦明,稲井卓真,中村絵美,久保雅義.ランニング中の後足部,中足部前足部間で生じている運動連鎖と協調性パターン.第3回基礎理学療法学 夏の学校
  • 高林知也,江玉睦明.若年男性の足部アーチモビリティーの基準値.第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 高林知也,江玉睦明,中村絵美,稲井卓真久保雅義.日本人大学生におけるarch height flexibilityの基準値.第1回足の構造と機能研究会学術集会
  • 稲井卓真高林知也,江玉睦明,久保雅義.歩行速度の変化は股関節内・外転モーメントインパルスに影響を与えるか?.第3回基礎理学療法学 夏の学校
  • 徳永由太高林知也稲井卓真,中村絵美,神田賢,久保雅義.体幹前傾姿勢が重心の運動制御へ与える影響-動的可操作性解析を用いた検証-.第39回バイオメカニズム学術講演会
  • 柳宗,高林知也,中村絵美,徳永由太久保雅義.上半身アライメントの変化が歩行中の下肢の関節運動に及ぼす影響.第39回バイオメカニズム学術講演会
  • 鈴木眞美高林知也徳永由太,中村絵美,若井由梨,久保雅義.チアダンスのアームモーションにおけるカウントとの動きのズレと動きのキレとの関係性 第10回日本ダンス医科学研究会学術大会
  • Kanaya C, Takabyashi T, Nakamura E , Inai T, Kubo M.An Interpretation of the posture control using the relationship between COM and COP during one leg standing. 8th world congress of biomechanics
  • 吉田卓磨高林知也久保雅義.肩峰骨頭間距離と肩関節屈曲可動域の関係.第27回新潟県理学療法士学会

講演・シンポジウムなど>

  • 久保雅義.第6回運動器理学療法学術大会シンポジウム,福岡,2018.12.16.
  • 高林知也.第2回ジョイントヘルスカンファレンス,関節アライメントとバイオメカニクスに基づく関節疾病治療,東京,2019.3.9-3.10.
  • 高林知也.スポーツ障害予防セミナー,足部のバイオメカニクスと足部の評価方法,東京,2018.7.8.
  • 高林知也.足部の筋機能とバイオメカニクス・足部の評価方法,新潟,2018.6.26.
  • 高林知也.足部のバイオメカニクス,佐賀,2018.6.13.

2017年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Takabayashi T, Edama M, Nakamura M, Nakamura E, Inai T, Kubo M. Gender differences associated with Rearfoot, Midfoot, and Forefoot Kinematics during running. European Journal of Sport Science. 2017: 17: 10: 1289-1296
  • Takabayashi T, Edama M, Nakamura EYokoyama E, Kanaya C, Kubo M. Coordination among the rearfoot, midfoot, and forefoot during walking. Journal of Foot Ankle Research. 2017:10:42: 10.1186/s13047-017-0224-3
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Evaluation of factors that affect hip moment impulse during gait: A systematic review. Gait & Posture. 2018 [in press]
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Relationship Between Hip Flexion Contracture and Hip-Joint Contact Force in Standing Posture: A Computer Simulation Study. Journal of Ergonomics. 2017 :7: 3. 10.4172/2165-7556.1000194
  • Sargent B, Reimann H, Kubo M, Fetters L. INFANT INTRALIMB COORDINATION AND TORQUE PRODUCTION: Influence of Prematurity. Infant Behav Dev. 2017:49: 129-140
  • Sargent B, Kubo M, Fetters L. Infant Discovery Learning and Lower Extremity Coordination: Influence of Prematurity. Physical & Occupational Therayp in Pediatrics. 2018:38:2:210-225
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,金谷知晶,柳宗,稲井卓真,大森豪,久保雅義.静的な足部評価方法であるArch height indexと動的な中足部機能との関連性.J Sports Injury.2017: 22
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,金谷知晶,柳宗,稲井卓真久保雅義.ランニングにおける下腿と後足部間の協調性パターン.理学療法学.2017:44:5: 332-339

学会発表>

  • 高林知也,江玉睦明,中村絵美,稲井卓真,大森豪,久保雅義.日本人大学生における女性の足部アーチモビリティーの基準値.第23回スポーツ障害フォーラム
  • 高林知也,江玉睦明、稲井卓真、鈴木眞美、樋口知華、久保雅義.Arch height indexを用いた日本人若年女性の足部評価基準値の作成.第17回新潟医療福祉学会
  • 高林知也,江玉睦明.日本人若年女性におけるArch height indexの基準値の作成.第42回日本足の外科学会
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,大森豪,大箭周平,久保雅義.大学生男女におけるArch height indexの性差.第28回臨床スポーツ医学会
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,稲井卓真,久保雅義.ランニング中における下腿と後足部間の協調性パターンの定量化.第2回夏の学校
  • Takabayashi T, Edama M, Nakamura M, Nakamura E, Kanda M, Kanaya C, Yanagi S, Inai T, Kubo M. Gender differences of lateral longitudinal arch angle during running. WCPT-AWP&PTAT
  • 高林知也,江玉睦明.ランニング中の下腿と後足部間の協調性パターンの性差.第9回JOSKAS
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,金谷知晶,柳宗,稲井卓真,久保雅義.ランニングにおける中足部の運動学的な性差.第52回日本理学療法学術大会
  • 稲井卓真高林知也,江玉睦明,久保雅義.歩隔と歩行速度は立脚期における前額面上の股関節モーメントインパルスに影響を与える.第17回新潟医療福祉学会
  • 稲井卓真久保雅義,江玉睦明,高林知也,中村絵美,金谷知晶,柳宗,小熊雄二郎.膝関節の屈曲拘縮の程度は立位姿勢における膝圧迫力に影響を与えるか?-力学を用いたシミュレーション研究-.第52回日本理学療法学術大会
  • 久保雅義.理学療法学科の海外研修への提言.第30回教育研究大会
  • 久保雅義.健康医療福祉系大学におけるグローバル人材育成の課題.第5回グローバル人材育成学会全国大会
  • 久保雅義.A potential role of biarticular muscles at the initial contact phase of walking. 8th Asia Conference on Kinesiology
  • 櫻井亮太, 斉藤賢一、亀尾徹、久保雅義.方向転換・車の乗車時に右股関節前面に疼痛を生じた一症例.第5回日本運動器理学療法学会
  • 西田大祐, 亀尾徹,久保雅義.肩関節理学療法に対する機能障害分類の現状.第5回日本運動器理学療法学会
  • 市川崇, 齋藤賢一, 亀尾徹, 久保雅義.膝関節機能障害に対する機能分類による介入=共同的推論により主訴の獲得に至った症例.第5回日本運動器理学療法学会
  • 福本周市, 畠中絵美,亀尾徹, 久保雅義.重症度・敏感度・症状の性質から治療戦略を再考した一症例 第5回日本運動器理学療法学会
  • 鍋谷杏子,佐藤さゆみ,高林知也,高野義隆,立石学,星野美和,山本智章.退院後2年間の追跡調査による大腿骨近位部骨折患者のADLの変化.第6回日本脆弱性骨折ネットワーク
  • 徳永由太,久保雅義高林知也,小島ちあき.歩行動作における股・膝・足関節の非線形なkinematic couplingの定量化 第52回日本理学療法学術大会

講演・シンポジウムなど>

  • 高林知也.足部のバイオメカニクスー理学療法への展開ー.東前橋整形外科クリニック研修会
  • 高林知也.足部のバイオメカニクスと理学療法.第7回森ノ宮適塾

2016年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Takabayashi T, Edama M, Nakamura M, Nakamura E, Inai T, Kubo M. Gender difference sassociated with Rearfoot, Midfoot, and Forefoot Kinematics during running. European Journal of Sport Science. 2017: 17: 10: 1289-1296
  • Takabayashi T, Edama M, Nakamura EYokoyama E, Kanaya C, Kubo M. Coordination among the rearfoot, midfoot, and forefoot during walking. Journal of Foot Ankle Research. 2017:10:42: 10.1186/s13047-017-0224-3
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Evaluation of factors that affect hip moment impulse during gait: A systematic review. Gait & Posture. 2018 [in press]
  • Inai T, Takabayashi T, Edama M, Kubo M. Relationship Between Hip Flexion Contracture and Hip-Joint Contact Force in Standing Posture: A Computer Simulation Study. Journal of Ergonomics. 2017 :7: 3. 10.4172/2165-7556.1000194
  • Sargent B, Reimann H, Kubo M, Fetters L. INFANT INTRALIMB COORDINATION AND TORQUE PRODUCTION: Influence of Prematurity. Infant Behav Dev. 2017:49: 129-140
  • Sargent B, Kubo M, Fetters L. Infant Discovery Learning and Lower Extremity Coordination: Influence of Prematurity. Physical & Occupational Therayp in Pediatrics. 2018:38:2:210-225
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,金谷知晶,柳宗,稲井卓真,大森豪,久保雅義.静的な足部評価方法である Arch height index と動的な中足部機能との関連性.J Sports Injury.2017: 22
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,金谷知晶,柳宗,稲井卓真久保雅義.ランニングにおける下腿と後足部間の協調性パターン.理学療法学.2017:44:5: 332-339

学会発表>

  • 高林知也,江玉睦明,中村絵美,稲井卓真,大森豪,久保雅義.日本人大学生における女性の足部アーチモビリティーの基準値.第 23 回スポーツ障害フォーラム
  • 高林知也,江玉睦明、稲井卓真、鈴木眞美、樋口知華、久保雅義.Arch height index を用いた日本人若年女性の足部評価基準値の作成.第 17 回新潟医療福祉学会
  • 高林知也,江玉睦明.日本人若年女性における Arch height index の基準値の作成.第 42 回日本足の外科学会
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,大森豪,大箭周平,久保雅義.大学生男女における Arch height index の性差.第 28 回臨床スポーツ医学会
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,稲井卓真,久保雅義.ランニング中における下腿と後足部間の協調性パターンの定量化.第 2 回夏の学校
  • Takabayashi T, Edama M, Nakamura M, Nakamura E, Kanda M, Kanaya C, Yanagi S, Inai T, Kubo M. Gender differences of lateral longitudinal arch angle during running. WCPT-AWP&PTAT
  • 高林知也,江玉睦明.ランニング中の下腿と後足部間の協調性パターンの性差.第 9 回 JOSKAS
  • 高林知也,江玉睦明,中村雅俊,中村絵美,金谷知晶,柳宗,稲井卓真久保雅義.ランニングにおける中足部の運動学的な性差.第 52 回日本理学療法学術大会
  • 稲井卓真高林知也,江玉睦明,久保雅義.歩隔と歩行速度は立脚期における前額面上の股関節モーメントインパルスに影響を与える.第 17 回新潟医療福祉学会
  • 稲井卓真久保雅義,江玉睦明,高林知也,中村絵美,金谷知晶,柳宗,小熊雄二郎.膝関節の屈曲拘縮の程度は立位姿勢における膝圧迫力に影響を与えるか?-力学を用いたシミュレーション研究-.第 52 回日本理学療法学術大会
  • 久保雅義.理学療法学科の海外研修への提言.第 30 回教育研究大会
  • 久保雅義.健康医療福祉系大学におけるグローバル人材育成の課題.第 5 回グローバル人材育成学会全国大会
  • 久保雅義.A potential role of biarticular muscles at the initial contact phase of walking. 8th Asia Conference on Kinesiology
  • 櫻井亮太, 斉藤賢一、亀尾徹、久保雅義.方向転換・車の乗車時に右股関節前面に疼痛を生じた一症例.第 5 回日本運動器理学療法学会
  • 西田大祐, 亀尾徹,久保雅義.肩関節理学療法に対する機能障害分類の現状.第 5 回日本運動器理学療法学会
  • 市川崇, 齋藤賢一, 亀尾徹, 久保雅義.膝関節機能障害に対する機能分類による介入=共同的推論により主訴の獲得に至った症例.第 5 回日本運動器理学療法学会
  • 福本周市, 畠中絵美,亀尾徹, 久保雅義.重症度・敏感度・症状の性質から治療戦略を再考した一症例 第 5 回日本運動器理学療法学会
  • 鍋谷杏子,佐藤さゆみ,高林知也,高野義隆,立石学,星野美和,山本智章.退院後 2年間の追跡調査による大腿骨近位部骨折患者の ADL の変化.第 6 回日本脆弱性骨折ネットワーク
  • 徳永由太,久保雅義高林知也,小島ちあき.歩行動作における股・膝・足関節の非線形な kinematic coupling の定量化第 52 回日本理学療法学術大会

講演・シンポジウムなど>

  • 高林知也.足部のバイオメカニクスー理学療法への展開ー.東前橋整形外科クリニック研修会
  • 高林知也.足部のバイオメカニクスと理学療法.第 7 回森ノ宮適塾