2018年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Masaki M, Ikezoe T, Kamiya M, Araki K, Isono R, Kato T, Kusano K, Tanaka M, Sato S, Hirono T, Kita K, Tsuboyama T, Ichihashi N. Association of activities of daily living with the load during step ascent motion in nursing home-residing elderly individuals. Am J Phys Med Rehabil. 2018; 97: 715-720.
  • Masaki M, Tateuchi H, Koyama Y, Sakuma K, Otsuka N, Ichihashi N. Back muscle activity and sagittal spinal alignment during quadruped upper and lower extremity lift in young men with low back pain history. Gait Posture. 2018; 66: 221-227.
  • Masaki M, Ikezoe T, Yanase K, Ji X, Umehara J, Aoyama J, Minami S, Fukumoto Y, Watanabe Y, Kimura M, Ichihashi N. Association of pain history and current pain with sagittal spinal alignment and muscle stiffness and muscle mass of the back muscles in middle-aged and elderly women. Clin Spine Surg. 2019 (in press).
  • Masaki M, Ji X, Yamauchi T, Tateuchi H, Ichihashi N. Effects of the trunk position on muscle stiffness that reflects elongation of the lumbar erector spinae and multifidus muscles: an ultrasonic shear wave elastography study. Eur J Appl Physiol 2019; 119: 1085-1091.
  • Tabara Y, Masaki M, Ikezoe T, Setoh K, Kato T, Kawaguchi T, Kosugi S, Nakayama T, Ichihashi N, Tsuboyama T, Matsuda F; Nagahama Study Group. Small degree of lumbar lordosis as an overlooked determinant for orthostatic increases in blood pressure in the elderly: The nagahama study. Am J Hypertens 2019; 32: 61-69
  • Nakamura M, Sato S, Kiyono R, Takahashi N, Yoshida T. Effect of rest duration between static stretching on passive stiffness of medial gastrocnemius muscle in vivo. J Sport Rehabil. (in press)
  • Nakamura M, Ikezoe T, Nishishita S, Tanaka H, Umehara J, Ichihashi N. Static stretching duration needed to decrease passive stiffness of hamstrings muscle tendon unit. J Phys Fitness Sports Med. (in press)
  • Nakao S, Ikezoe T, Nakamura M, Umegaki H, Fujita K, Umehara J, Kobayashi T, Ibuki S, Ichihashi N. Chronic effects of a static stretching program on hamstring strength. J Strength Cond Res. (in press)
  • Saeki J, Ikezoe T, Yoshimi S, Nakamura M, Ichihashi N. Menstrual cycle variation and gender difference in muscle stiffness of triceps surae. Clin Biomech. (JCR). 2019; 61:222-226.
  • Hirabayashi R, Edama M, Kojima S, Nakamura M, Ito W, Nakamura E, Kikumoto T, Onishi H. Effects of reciprocal Ia inhibition on contraction intensity of co-contraction. Front Hum Neurosci.2019; 11:12:527.
  • Morishita S, Tusbaki A, Nakamura M, Onishi H. Rating of perceived exertion on resistance training in elderly subjects. Expert Rev Cardiovasc Ther. (JCR). 2019; 17(2):135-142.
  • Tanaka H, Ikezoe T, Tateuchi H, Nakamura M, Umehara J, Fujita K, Araki K, Yanase K, Ichihashi N. The effects of low-load hip abductor isometric training at shortened muscle length: randomized controlled trial. J Phys Fitness Sports Med. 2019; 8(2): 107-111.
  • Nunes JP, Nakamura M, Schoenfeld BJ, Cyrino ES. The data does not seem to support the effect of stretch training on increasing muscle thickness. Scand J Med Sci Sports. 2018; 28(12):2767-2768.
  • Nakamura M, Hirabayashi R, Ohya S, Aoki T, Suzuki D, Shimamoto M, Kikumoto T, Ito W, Nakamura E, Takabayashi T, Edama M. Effect of static stretching with superficial cooling on muscle stiffness. Sports Med Int Open. 2018; 25: 2(5): E142-E147.
  • Nishishita S, Hasegawa S, Nakamura M, Umegaki H, Kobayashi T, Ichihashi N. Effective stretching position for the supraspinatus muscle evaluated by shear wave elastography in vivo. J Shoulder Elbow Surg. (JCR). 2018; 27(12):2242-2248.
  • Takeuchi K, Takemura M, Nakamura M, Tsukuda F, Miyakawa S. Effects of Active and Passive Warm-ups on Range of Motion, Strength, and Muscle Passive Properties in Ankle Plantarflexor Muscles. J Strength Cond Res. (in press)
  • 中村雅俊,楊玲,清野涼介,佐藤成,高橋信重,吉田委市,森下勝行.超音波照射が僧帽筋上部線維弾性率に及ぼす影響―せん断波エラストグラフィー機能を用いた検討―.物理療法科学.(印刷中).
  • 鈴木大地,中村雅俊,大箭周平,青木孝史,江玉睦明.遅発性筋痛を生じた筋に対するストレッチング介入の効果―スタティックストレッチングとホールドリラックスストレッチン グの比較―.体力科学.
  • 中村雅俊,藤堂萌,海老根直之,福岡義之, 高倉久志,北條達也.足浴がエネルギー代謝に及ぼす影響の検討.日本温泉気候物理医学会雑誌 2018 年 81 巻 2 号 p. 70-75.

学会発表>

  • 相馬俊雄,丹保信人.:体幹ベルト付下肢装具歩行における立脚支持機構の解析.第43回日本運動療法学会学術大会
  • 中村雅俊,清野涼介,佐藤成,高橋信重,吉田委市,西下智.スタティックストレッチングが筋発揮能力に及ぼす影響の検討―筋のたわみの変化との関連―.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 佐藤成,中村雅俊,清野涼介,高橋信重,吉田委市,武内孝祐.20 秒間のスタティックストレッチングの即時効果と持続効果の検討.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 高橋信重,中村雅俊,清野涼介,佐藤成,吉田委市.ショルダーシュラッグが僧帽筋上部線維の筋硬度へ及ぼす影響の検討.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 吉田委市,中村雅俊,清野涼介,佐藤成,高橋信重.表在温熱刺激後の低負荷筋力トレーニングが筋力および筋厚に与える影響.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 清野涼介,中村雅俊,佐藤成,高橋信重,吉田委市.末梢性筋疲労が筋硬度に及ぼす影響の検討 - 骨格筋電気刺激を用いた検討 -.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 森下勝行,西下智,中村雅俊,坪山直生,市橋則明.ストレッチングに併用する超音波刺激の施行順序が筋硬度に及ぼす影響 - せん断波エラストグラフィーによる検討-.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 森下勝行,西下智,中村雅俊,佐伯純弥,八木優英,坪山直生,市橋則明.ストレッチング施行中の超音波刺激が下腿三頭筋の筋硬度に及ぼす影響.第30回日本運動器科学会
  • 中村雅俊, 清野涼介, 佐藤成, 高橋信重, 吉田委市, 西下智.スタティックストレッチングが筋のたわみに及ぼす影響―せん断波エラストグラフィー機能を用いた検討―.第26回日本物理療法学会学術大会
  • 中村雅俊,北條達也,海老根直之,福岡義之.冷水半身浴における疲労回復効果の検討―高強度インターバルトレーニング後の疲労回復法の検討―第83回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会
  • Morishita K, Nishishita S, Nakamura M, Saeki J, Yagi M, Tsuboyama T, Ichihashi N. The optimal conditions of therapeutic ultrsound on muscle stiffness of medial gastrocnemius mucle in human: a shear-wave elastography study. 12th ISPRM world congress
  • Nakamura M, Yoshida T, Kiyono R, Sato S, Takahashi N. Acute effect of low-load resistance training combined with thermal stimulation on muscle swelling. The 2th Annual ECSS Congress
  • Nakamura M, Hirabayashi R, Kikumoto T, Nakamura E, Ito W, Edama M. The effects of static stretching on range of motion and shear elastic modulus with different rest interval duration. the International Society for Electrophysiology and Kinesiology 2018 biennial congress

書籍・総説・解説>

  • 相馬俊雄:リハビリテーションにおける人工知能(AI)の役割.理療.2018;47(3):24-34.
  • 正木光裕; 浅川康吉編集. 小児, 脳性麻痺. 地域理学療法学. 1版. 東京: MEDICAL VIEW;
  • 2019: 100-118, 280-283. (教科書)
  • 正木光裕; AIがリハビリテーションに与える影響 小児疾患におけるリハビリテーションロボットの視点から. 東京: 大圏社; 2018: 48: 11-16. (総説)

講演・シンポジウムなど>

  • 正木光裕. 保護者懇談勉強会, こどもの発達に基づいた支援のあり方, 講師, 新潟市立かやま保育園, 保育士・保護者, 新潟市, 2018.6.22.
  • 正木光裕. 第6回連携研修会, 地域の障害児を支援する多職種連携 教育現場やリハビリテーションの視点から, 講師, 新潟医療福祉大学同窓会, 新潟医療福祉大学同窓生, 新潟市, 2018.11.3.
  • 中村雅俊.超音波画像診断装置を用いた評価と効果判定.第26回日本物理療法学会学術大会,2018.10.27.

2017年度研究業績の紹介

学術論文>

  • 相馬俊雄,丹保信人.体幹ベルト付下肢装具歩行の身体動揺解析.臨床バイオメカニクス.2017:38:373-378
  • 内田貴洋,相馬俊雄.等尺性膝関節屈曲運動における大腿四頭筋の運動制御.理学療法科学.2017:32:1:51-55
  • 菅井拓哉,相馬俊雄.下腿の回旋肢位の違いが膝関節伸展トルクおよび仕事量に及ぼす影響.理学療法科学.2017:32:1:17-20
  • 前田雄,林豊彦,須田祐紀,高橋素彦,勝平純司,東江由起夫,相馬俊雄,佐藤成登志,霜鳥大希.下腿義足ソケット適合評価のために構築した生体計測システムの評価 臨床バイオメカニクス.2017:38:379-388

学会発表>

  • Soma T, Tampo N. Analysis of postural movement during gait with lower limb orthosis with trunk belt. World confederation for physical therapy
  • 相馬俊雄,丹保信人.体幹ベルト付下肢装具歩行における弾性ベルトの張力変化が身体動揺に及ぼす影響.第54回日本リハビリテーション医学会
  • Tampo N, Soma T. Mechanical analysis of lower extremity joint of a hemiplegic stroke patient gait with lower limb orthosis with trunk belt World confederation for physical therapy
  • 丹保信人,相馬俊雄.脳卒中片麻痺者に対する体幹ベルト付下肢装具歩行の力学的解析.第52回日本理学療法学術大会
  • 菅井若奈,相馬俊雄.持ち上げ動作の違いが腰部および下肢関節モーメントに及ぼす影響.第33回東海北陸理学療法学術大会
  • 大嶋敏輝,相馬俊雄.膝関節屈曲角度と大腿四頭筋の収縮強度の違いが筋収縮反応時間に及ぼす影響.第33回東海北陸理学療法学術大会
  • 布施優一,相馬俊雄,神戸晃男,影近謙治.着地動作における着地距離の違いが下肢関節に及ぼす影響.第33回東海北陸理学療法学術大会

書籍・総説・解説>

  • 相馬俊雄.リハビリテーション場面における移動動作へのアプローチ.理療26-32
  • 相馬俊雄.姿勢制御と運動療法.理療41-48
  • 相馬俊雄.骨粗鬆症に対する理学療法.理療8-13
  • 丹保信人相馬俊雄.骨粗鬆症に対する評価と運動療法の実際.理療24-34

講演・シンポジウムなど>

  • 相馬俊雄.姿勢制御と理学慮法.(公社)全国病院理学療法協会第40回現職者講習会
  • 相馬俊雄.バイオメカニクス的視点からの動作分析.石川県理学療法士会第3回学術研修会

2016年度研究業績の紹介

学術論文>

  • 相馬俊雄久保雅義,江原義弘.杖を使用した不安定板上での立位姿勢制御.バイオメカニズム 23

学会発表>

  • Matsumoto K, Imanishi R, Sano Y, Mori N, Kurosawa H.Relationships between palm surface pressure and tidal volume during a manual chest physiotherapy, “Breathing assistance”. The 21st Congress of the Asian Pacific Society of Respirology
  • 丹保信人,相馬俊雄.体幹ベルト付下肢装具装着歩行における立脚後期の膝関節モーメントと体幹・下肢関節との関係.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 相馬俊雄,丹保信人.体幹ベルト付下肢装具装着歩行時の身体動揺に及ぼす影響.第 31 回リハ工学カンファレンス
  • 丹保信人,相馬俊雄.体幹ベルト付下肢装具装着歩行時の力学的解析.第 32 回日本義肢装具学会
  • 相馬俊雄,丹保信人.体幹ベルト付下肢装具装着歩行時の身体動揺に及ぼす影響.第 32 回日本義肢装具学会
  • 相馬俊雄.杖への荷重量の違いが不安定板上における立位姿勢制御に及ぼす影響.第 43 回日本臨床バイオメカニクス学会
  • 相馬俊雄,丹保信人.加速度計を用いた体幹ベルト付下肢装具歩行の身体動揺解析.第 43 回日本臨床バイオメカニクス学会
  • 松本香好美,今西里佳,佐野裕子,森直樹,黒澤一.呼吸介助中の手掌面圧の違いが換気量に与える影響.第4回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 東北支部会学術集会

書籍・総説・解説>

  • 松本香好美.トイレ環境・生活環境整備 下部尿路機能障害の治療とケア.メディカ出版

科研費・外部資金>

  • 相馬俊雄.基盤研究(C).皮膚への温熱刺激における脳内情報処理過程の解明 -脳磁図を用いた研究-
  • 松本香好美.挑戦的萌芽研究.呼吸介助法と脳活動との関係-呼吸リハビリテーションのエビデンスの樹立に向けて-