2018年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Onishi H, Otsuru N, Kojima S, Miyaguchi S, Saito K, Inukai Y, Yamashiro K, Sato D, Tamaki H, Shirozu H, Kameyama S. Variability and reliability of paired-pulse depression and cortical oscillation induced by median nerve stimulation. Brain Topogr. 2018;31(5):780-794.
  • Onishi H. Cortical excitability following passive movement. Physical Therapy Research. 2018;21:23-32.
  • Inukai Y, Masaki M, Otsuru N, Saito K, Miyaguchi S, Kojima S, Onishi H. Effect of noisy galvanic vestibular stimulation in community-dwelling elderly people: a randomised controlled trial. J Neuroeng Rehabil. 2018 Jul 3;15(1):63.
  • Saito K, Otsuru N, Inukai Y, Kojima S, Miyaguchi S, Tsuiki S, Sasaki R, Onishi H. Inhibitory Mechanisms in Primary Somatosensory Cortex Mediate the Effects of Peripheral Electrical Stimulation on Tactile Spatial Discrimination. Neuroscience. 2018; 384: 262-274.
  • Miyaguchi S, Otsuru N, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Masaki M, Onishi H. Transcranial alternating current stimulation with gamma oscillations over the primary motor cortex and cerebellar hemisphere improved visuomotor performance. Frontiers in behavioral neuroscience. 2018.
  • Miyaguchi S, Otsuru N, Kojima S, Yokota H, Saito K, Inukai Y, Onishi H. Gamma tACS over M1 and cerebellar hemisphere improves motor performance in a phase-specific manner. Neuroscience Letters. 694:64-68.2018.
  • Miyaguchi S, Otsuru N, Kojima S, Yokota H, Saito K, Inukai Y, Onishi H. The effect of gamma tACS over the M1 region and cerebellar hemisphere does not depend on current intensity. Journal of Clinical Neuroscience. 65:54-58.2019.
  • Sasaki R, Tsuiki S, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Otsuru N, Onishi H. Repetitive passive finger movement modulates primary somatosensory cortex excitability. Frontiers in human neuroscience. 2018;20;12:332.
  • Sasaki R, Tsuiki S, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Otsuru N, Onishi H. Somatosensory inputs induced by passive movement facilitate primary motor cortex excitability depending on the interstimulus interval, movement velocity, and joint angle. Neuroscience. 2018;21;386:194-204.
  • Tsuiki S, Sasaki R, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Masaki M, Otsuru N, Onishi H. The effect of combined transcranial direct current stimulation and peripheral nerve electrical stimulation on corticospinal excitability. PLoS One. 2019; 29;14(3):e0214592.
  • Tsuiki S, Sasaki R, Pham MV, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Otsuru N, Onishi H. Repetitive passive movement modulates corticospinal excitability: Effect of movement and rest cycles and subject attention. Front Behav Neurosci. 2019;13.38.
  • Ishikawa N, Miyao R, Miyaguchi S, Sasaki R, Tsuiki S, Onishi H. Corticospinal excitability following repetitive voluntary movement. J Clin Neurosci. 2018;57:93-98.
  • Hirabayashi R, Edama M, Kojima S, Ito W, Nakamura E, Kikumoto T, Onishi H. Spinal reciprocal inhibition in the co-contraction of the lower leg depends on muscle activity ratio. Exp Brain Res. 2019. (in-press)
  • Hirabayashi R, Edama M, Kojima S, Nakamura M, Ito W, Nakamura E, Kikumoto T, Onishi H. Effects of reciprocal ia inhibition oncContraction intensity of co-contraction. Front Hum Neurosci. 2019;11;12:527.
  • Yamashiro K, Sato D, Onishi H, Sugawara K, Otsuru N, Kirimoto H, Nakazawa S, Yamazaki Y, Shirozu H, Maruyama A. Change-driven M100 component in the bilateral secondary somatosensory cortex: A magnetoencephalographic study. Brain Topogr. 2018;32:435-444.
  • Morishita S, Tsubaki A, Nashimoto S, Fu JB, Onishi H. Face scale rating of perceived exertion during cardiopulmonary exercise test. BMJ Open Sport Exerc Med. 2018;17;4:e000474.
  • Morishita S, Tsubaki A, Nakamura M, Nashimoto S, Fu JB, Onishi H. Rating of perceived exertion on resistance training in elderly subjects. Expert Rev Cardiovasc Ther. 2019;17:135-142.
  • Morishita S, Mitobe Y, Tsubaki A, Aoki O, Fu JB, Onishi H, Tsuji T. Differences in balance function between cancer survivors and healthy subjects: A pilot study. Integr Cancer Ther. 2018; 17(4):1144-1149.
  • Morishita S, Tsubaki A, Fu JB, Mitobe Y, Onishi H, Tsuji T. Cancer survivors exhibit a different relationship between muscle strength and health-related quality of life/fatigue compared to healthy subjects. Eur J Cancer Care. 2018;16:e12856.
  • Tsubaki A, Morishita S, Tokunaga Y, Sato D, Qin W, Kojima S, Onishi H. Effect of exercise duration on post-exercise persistence of oxyhemoglobin changes in the premotor cortex: A near-infrared spectroscopy study in moderate-intensity cycling exercise. Advances in Experimental Medicine and Biology. 2019 (in press)
  • 大西秀明.生涯学習への連動を意識した卒前教育と大学院高度専門職業人プログラムの紹介.理学療法ジャーナル.2018;52:1022-1025.
  • 大西秀明.経頭蓋直流電流刺激(tDCS)によるbrain doping.Clinical Neuroscience.2018;36:1234-1237.
  • 大鶴直史,木村慎二,細井昌子,松原貴子,柴田政彦,水野泰行,西原真理,村上孝徳,大西秀明.慢性疼痛に対する認知行動療法をリハビリテーションの併用効果ーいきいきリハビリノートの治療実績を含めて―.日本運動器疼痛学会誌.2018;10: 205-216.
  • 齊藤慧.末梢電気刺激がもたらす神経生理学効果の検証.日本基礎理学療法学雑誌.2018;21(1):43-54.(総説)
  • 木村慎二、細井昌子、松原貴子、柴田政彦、水野泰行、西原真理、村上孝徳、大鶴直史.運動器慢性疼痛に対する認知行動療法理論に基づいた運動促進法.Jpn J Rehabil Med 2018; 55: 206-214

学会発表>

  • 大鶴直史小島 翔宮口翔太犬飼康人齊藤 慧横田裕丈佐々木亮樹大西秀明.一次体性感覚野における二連発抑制と脳律動の関連.第48回日本臨床神経生理学会
  • 大鶴直史宮口翔太小島 翔横田裕丈齊藤 慧犬飼康人大西秀明.内受容感覚と皮質脊髄路興奮性の関係.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 大鶴直史小島 翔宮口翔太齊藤 慧犬飼康人大西秀明.痛みに対する破局的思考と一次体性感覚野の抑制機能の関連.第3回日本基礎理学療法学会 夏の学校.
  • 犬飼 康人, 大鶴 直史, 齊藤 慧, 小島 翔, 宮口 翔太, 大西 秀明. 立位重心動揺に対する前庭ノイズ電流刺激の刺激後効果. 第48回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 犬飼康人大鶴直史齊藤慧小島翔宮口翔太大西秀明.小脳への経頭蓋直流電流刺激が静止立位時の重心動揺に与える影響.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 犬飼康人大西秀明.新たな領域である保険外サービスの現状と課題.第27回新潟県理学療法士学会
  • 齊藤慧大鶴直史犬飼康人小島翔宮口翔太横田裕丈佐々木亮樹大西秀明.一次体性感覚野への経頭蓋電気刺激がpaired pulse depressionに及ぼす影響.第48回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 齊藤慧大鶴直史犬飼康人小島翔宮口翔太横田裕丈佐々木亮樹大西秀明.一次体性感覚野への経頭蓋電気刺激が触覚方位弁別能力に及ぼす影響.
  • 小島 翔大鶴直史宮口翔太佐々木亮樹横田裕丈齊藤 慧犬飼康人大西秀明.示指伸展運動課題の違いが運動関連脳磁界に及ぼす影響.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 小島 翔大鶴直史宮口翔太佐々木亮樹横田裕丈齊藤 慧犬飼康人大西秀明.機械的触覚刺激介入が体性感覚誘発磁界に及ぼす影響.第48回日本臨床神経生理学会
  • 小島 翔大鶴直史宮口翔太佐々木亮樹横田裕丈齊藤 慧犬飼康人大西秀明.機械的触覚刺激による介入が皮質脊髄路興奮性および運動機能に及ぼす影響.第3回日本基礎理学療法学会 夏の学校
  • 宮口翔太小島 翔齊藤 慧横田裕丈犬飼康人大鶴直史大西秀明.経頭蓋交流電流刺激介入中の運動遂行機能の変化‐位相特異性の検証‐第48回日本臨床神経生理学会
  • 宮口翔太.M1および小脳への経頭蓋交流電流刺激中の運動遂行能力の変化‐電流強度の検討‐(2018)第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 横田裕丈小島翔齊藤慧宮口翔太犬飼康人大鶴直史大西秀明.至適な二点識別覚検査方法の解明.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 横田裕丈小島翔齊藤慧宮口翔太犬飼康人大鶴直史大西秀明.二点識別覚検査における速度依存性の解明.第3回日本基礎理学療法学会 夏の学校
  • 佐々木亮樹,立木翔太,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人大鶴直史,長岡輝之,山崎一徳,大西秀明. 一次運動野における皮質内抑制指標の被験者間のバラツキ. 第48回日本臨床神経生理学会
  • 佐々木亮樹,立木翔太,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人大鶴直史,長岡輝之,山崎一徳,大西秀明. 一次運動野における皮質内抑制指標の被験者内の再現性と各皮質内抑制指標間の関連性. 第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 佐々木亮樹,立木翔太,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人大鶴直史,内山真木,山崎一徳,大西秀明. 他動運動中における一次運動野の興奮性変動. 第33回日本生体磁気学会大会
  • 佐々木亮樹,立木翔太,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人大鶴直史,長岡輝之,山崎一徳,大西秀明. 一次運動野における皮質内抑制指標の被験者内のバラツキ. 第18回新潟医療福祉学会
  • Pham Van Manh宮口翔太横田裕丈小島翔齊藤慧犬飼康人大鶴直史大西秀明. 持続的および間欠的な随意運動が皮質脊髄路の興奮性に与える影響. 第18回新潟医療福祉学会
  • 星春輝小島翔宮口翔太大鶴直史大西秀明. 運動練習が同側皮質脊髄路興奮性と運動機能に及ぼす影響. 第3回夏の学校
  • 平林怜,江玉睦明,小島翔,伊藤渉,中村絵美,菊元孝則,大西秀明. 同時収縮中の収縮強度変化が脊髄相反性抑制に及ぼす影響. 第48回日本臨床神経生理学会
  • 平林怜,江玉睦明,小島翔,伊藤渉,中村絵美,菊元孝則,大西秀明. 同時収縮中の収縮強度の割合がIa相反抑制とD1抑制に与える影響. 第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 平林怜,江玉睦明,菊元孝則,中村絵美,伊藤渉,大西秀明. 低強度の同時収縮が脊髄相反性抑制に及ぼす影響. 第73回日本体力医学会
  • 平林怜,江玉睦明,小島翔大西秀明. 前脛骨筋とヒラメ筋の収縮強度変化が脊髄相反性抑制に及ぼす影響. 第3回日本基礎理学療法学会 夏の学校
  • 山代幸哉,佐藤大輔,大西秀明,山崎雄大,若澤新也,丸山敦夫. 二次体性感覚野の変化関連応答. 第48回日本臨床神経生理学会
  • 山代幸哉,佐藤大輔,大西秀明,山崎雄大,若澤新也,丸山敦夫. Change-driven M100 component in the secondary somatosensory cortex: an MEG study.第48回日本臨床神経生理学会
  • 佐藤大輔,山﨑雄大,山代幸哉,大西秀明,奈良梨央,下山好充,丸山敦夫. 運動学習による技能定着に対する浸水ニューロモデュレーション効果. 第48回日本臨床神経生理学会
  • 森下慎一郎,椿淳裕,稲垣優太,小島将,梨本智史,大西秀明. 心肺運動負荷試験時のFace scaleと心拍数、酸素摂取量との関連. 第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会
  • 秦偉翔,椿淳裕,森下慎一郎,小島将,稻垣優太,大西秀明. 20分間の中強度運動が認知機能に与える効果. 第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会
  • 佐藤大輔,山﨑雄大,山代幸哉,奈良梨央,大西秀明,丸山敦夫. 水中環境における一次運動野の抑制機能と運動技能. 第73回日本体力医学会
  • 田巻弘之,與谷謙吾,荻田 太,早尾啓志,桐本 光,大西秀明,山本智章,春日規克. 刺激強度及び距離の異なる磁場刺激による骨内磁場強度の変化特性. 第73回日本体力医学会
  • 菅原和広, 長峯隆, 齊藤秀和, 大西秀明, 白水洋史, 亀山茂樹. 受動運動に関連したMEG rhythmsの解析. 第33回日本生体磁気学会大会
  • Sato D, Yamazaki Y, Yamashiro K, Onishi H, Tsubaki A, Nara R, Shimoyama Y, Maruyama A. Priming effect of water immersion on spike-timing dependent plasticity and motor memory consolidation. The XIIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming
  • Tsubaki A, Morishita S, Tokunaga Y, Sato D, Qin W, Onishi H. Effect of exercise duration on post-exercise persistence of oxyhemoglobin changes in the premotor cortex: A near-infrared spectroscopy study. 46th Annual International Society on Oxygen Transport to Tissue meeting
  • Tsubaki A, Morishita S, Tokunaga Y, Sato D, Qin W, Kojima S, Onishi H. Efects of exercise duration on persistent cerebral oxyhaemoblobin levels in the supplementary motor area and primary motor cortex after moderate-intensity cycling. 23rd Annual European College of Sport Science Congress
  • Tsubaki A, Morishita S, Tokunaga Y, Sato D, Qin W, Onishi H. Laterality of cortical oxygenation in the prefrontal cortex during 20 min of moderate-intensity cycling exercise: a near-infrared spectroscopy study. 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine
  • Tsubaki A, Morishita S, Tokunaga Y, Sato D, Tamaki H, Qin W, Kojima S, Inagaki Y, Onishi H. Effect of exercise duration on post-exercise persistence of oxyhemoglobin changes in the prefrontal cortex. (Japanese Association of Cardiac Rehabilitation). Annual Meeting: International Session
  • Tsubaki A, Morishita S, Tokunaga Y, Sato D, Qin W, Kojima S, Onishi H. Haemodynamic changes during and after moderate-intensity cycling exercise in the motor-related area: A near-infrared spectroscopic study. fNIRS2018
  • Morishita S, Tsubaki A, Jack B. Fu, Mitobe Y, Onishi H, Tsuji T. Difference in health-related quality of life and fatigue between cancer survivors and healthy subjects. MASCC/ISOO 2018 - Supportive Care in Cancer Meeting
  • Morishita S, Mitobe Y, Tsubaki A, Aoki O, Jack B. Fu, Onishi H. Balance function in cancer survivors and healthy subjects. 12TH ISPRM WORLD CONGRESS, ISPRM 2018
  • Morishita S, Tsubaki A, Nashimoto S, Jack B. Fu, Onishi H. Face scale rating of perceived exertion during cardiopulmonary exercise test. 12TH ISPRM WORLD CONGRESS, ISPRM 2018

書籍・総説・解説>

  • 大西秀明;鈴木俊明,大西秀明編.随意運動・他動運動・体性感覚刺激と皮質活動.リハビリテーション神経科学.東京:メジカルビュー;2018:122-139.
  • 大鶴直史;鈴木俊明,大西秀明編.痛みと神経心理.リハビリテーション神経科学.東京:メジカルビュー;2018:90-103.
  • 大鶴直史;鈴木俊明,大西秀明編.誘発脳磁界の基礎と応用.リハビリテーション神経科学.東京:メジカルビュー;2018:172-185.
  • 犬飼康人;吉尾雅春,森岡周,阿部浩明編.運動麻痺.標準理学療法学 神経理学療法学.2版.東京:医学書院;2018:102-115.
  • 犬飼康人;吉尾雅春,森岡周,阿部浩明編.歩行自立度.標準理学療法学 神経理学療法学.2版.東京:医学書院;2018:284-287.
  • 犬飼康人;鈴木俊明,大西秀明編.非侵襲的脳刺激法による皮質活動の変動.リハビリテーション神経科学.1版.東京:メジカルビュー;2018.104-121.

講演・シンポジウムなど>

  • 大西秀明. 感覚運動機能における脳磁図の現状と展望 末梢神経刺激によるPaired pulse depressionの変動性と再現性, 第33回日本生体磁気学会大会
  • 大西秀明. 臨床実習指導者に必要な能力. 第12回全国大学理学療法学教育学会大会
  • 犬飼康人.前庭器官へのノイズ電流刺激が立位姿勢制御に与える影響.第23回日本基礎理学療法学会学術大会
  • 犬飼康人.専門理学療法士を取得する価値とは.第27回新潟県理学療法士学会
  • 犬飼康人.ノイズ電流刺激を用いた新たなNeuromodulation.日本神経理学療法学会第2回SIGs(宮城)
  • 横田裕丈.第53回日本理学療法学術研修大会 課題別研修;上肢から自立を診る -全身運動に必要な上肢機能を考える-,日本理学療法士協会

2017年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Miyaguchi S, Kojima S, Sasaki R, Kotan S, Kirimoto H, Tamaki H, Onishi H. Decrease in short-latency afferent inhibition during corticomotor postexercise depression following repetitive finger movement. Brain and Behavior. 2017:7:7
  • Miyaguchi S, Kojima S, Sasaki R, Tamaki H, Onishi H. Modulation of short-latency afferent inhibition and short-interval intracortical inhibition by test stimulus intensity and motor evoked potential amplitude. Neuroreport. 2017:28:18:1202-1207
  • Nakayama H, Onishi H, Nojima M, Ishizu K, Kubo M. Analysis of scapular kinematics in three planes of shoulder elevation: A comparison between men and women. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2018:7:65-74
  • Otsuka R, Sasaki R, Tsuiki S, Kojima S, Onishi H. Post-exercise cortical depression following repetitive passive finger movement. Neurosci Lett. 2017:656:24:89-93
  • Sasaki R, Nakagawa M, Tsuiki S, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Masaki M, Otsuru N, Onishi H. Regulation of primary motor cortex excitability by repetitive passive finger movement frequency. Neuroscience 2017 357 15 232-240
  • Nakagawa M, Sasaki R, Tsuiki S, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Onishi H. Effects of passive finger movement on cortical excitability. Frontiers in Human Neuroscience. 2017:11:3: 216
  • Masaki M, Aoyama T, Murakami T, Yanase K, Ji X, Tateuchi H, Ichihashi N. Association of low back pain with muscle stiffness and muscle mass of the lumbar back muscles, and sagittal spinal alignment in young and middle-aged medical workers. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2017:49: 128-133
  • Inukai Y, Otsuru N, Masaki M, Saito K, Miyaguchi S, Kojima S, Onishi H. Effect of noisy galvanic vestibular stimulation on center of pressure sway of static standing posture. Brain Stimulation. 2017:11:85-93
  • Kojima S, Onishi H, Miyaguchi S, Kotan S, Sasaki R, Nakagawa M, Kirimoto H, Tamaki H. Modulation of corticospinal excitability depends on the pattern of mechanical tactile stimulation. Neural Plasticity. 2018. [in press]
  • Kirimoto H, Tamaki H, Otsuru N, Yamashiro K, Onishi H, Nojima I, Oliviero A. Transcranial static magnetic field stimulation over the primary motor cortex induces plastic changes in cortical nociceptive processing. Frontiers Human Neuroscience. 2018:12:15:63
  • Hashiguchi Y, Ohata K, Osako S, Kitatani R, Aga Y, Masaki M, Yamada S. Number of synergies is dependent on spasticity and gait kinetics in children with cerebral palsy. Pediatr Phys Ther. 2018:30: 34-38
  • Yoshino A, Okamoto Y, Doi M, Otsuru N, Okada G, Takamura M, Ichikawa N, Yokoyama S, Yamashita H, Yamawaki S. Regional brain functions in the resting state indicative of potential differences between depression and chronic pain. Scientific Reports. 2017:7:1:30003
  • 中山裕子大西秀明,野嶋素子,石津克人,久保雅義.負荷の有無が肩関節挙上運動時における肩甲骨動態に及ぼす影響.日本基礎理学療法学雑誌.2017:20:51-60
  • 大鶴直史.感覚環境の変化検出システム.日本基礎理学療法学雑誌.2017:20:2-7

学会発表>

  • 宮口翔太小島 翔立木翔太佐々木亮樹齊藤 慧犬飼康人大鶴直史大西秀明.軽負荷の反復的な単純運動および調節運動による運動後抑制の変化.第52回日本理学療法学術大会
  • 宮口翔太小島 翔立木翔太齊藤 慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.経頭蓋交流電流刺激介入中の運動遂行機能の変化.第47回日本臨床神経生理学会
  • 宮口翔太小島 翔立木翔太齊藤 慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.経頭蓋交流電流刺激を用いた皮質間ネットワークの強化が運動遂行機能に与える効果.第17回新潟医療福祉学会学術集会
  • 阿部貴文宮口翔太犬飼康人大鶴直史大西秀明.経頭蓋ランダムノイズ刺激が皮質脊髄路興奮性および運動パフォーマンスへ与える影響.第47回日本臨床神経生理学会
  • Tsuiki S, Sasaki R, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Masaki M, Otsuru N, Onishi H. Influence of passive finger movement with and without duty cycle on corticospinal excitability. Society for Neuroscience 2017
  • 正木光裕, 神谷碧, 荒木浩二郎, 磯野凌, 佐藤駿介, 本村芳樹, 近藤勇太, 中尾彩佳, 山縣桃子, 田中真砂世, 沖田祐介, 北潔, 池添冬芽, 坪山直生, 市橋則明.地域在住高齢者に対する段差昇段トレーニングの違いが段差昇段時間および運動機能に及ぼす効果 無作為化比較対照試験.第52回日本理学療法学術大会
  • 佐々木亮樹,中川昌樹,立木翔太宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.反復的他動運動が皮質内抑制回路に与える影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 佐々木亮樹立木翔太大西秀明.他動運動中の角速度の違いが一次運動野の興奮性に与える影響.第17回_新潟医療福祉学会学術集会
  • 佐々木亮樹立木翔太宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人,正木光裕大鶴直史,内山真紀,山崎一徳,大西秀明.他動運動中の皮質脊髄路興奮性の変動.第47回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 大鶴 直史小島 翔宮口 翔太佐々木 亮樹立木 翔太齊藤 慧犬飼 康人正木 光裕大西 秀明.外部空間位置が両手の触覚情報統合に及ぼす影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 大鶴直史,木村慎二,渡邊慶,大西秀明.認知行動療法に基づく運動促進法(いきいきリハビリノート)を用いた慢性疼痛への介入効果.第15回整形外科痛みを語る会
  • 大鶴直史小島翔宮口翔太齊藤慧犬飼康人正木光裕大西秀明.体性感覚野における予測エラー反応.第2回基礎理学療法学夏の学校
  • Otsuru NKojima SMiyaguchi SSasaki RTsuiki SSaito KInukai YMasaki M, Yamashiro K, Shirozu H, Kameyama S, Onishi H. Effect of hand position in external space on the integration of bilateral tactile stimulation in the primary somatosensory cortex. Society for Neuroscience 2017
  • 大鶴直史,木村慎二,渡邊慶,大西秀明.前方固定術後の慢性頸部痛に対して認知行動療法に基づく運動促進法が奏功した一例~いきいきリハビリノートを用いて~.第10回日本運動器疼痛学会
  • 大鶴直史小島翔宮口翔太立木翔太齊藤慧犬飼康人正木光裕大西秀明.一次体性感覚野におけるPaired pulse inhibitionと破局的思考の関連.第47回日本臨床神経生理学会
  • 上條魁途大鶴直史大槻智史齊藤慧大西秀明.10Hzの経頭蓋交流電気刺激が触覚時間判別課題に及ぼす影響.第47回日本臨床神経生理学会
  • 犬飼 康人正木 光裕齊藤 慧佐々木 亮樹立木 翔太宮口 翔太小島 翔大鶴 直史大西 秀明.短時間の前庭ランダムノイズ電流刺激が立位重心動揺に与える影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 犬飼 康人正木 光裕齊藤 慧佐々木 亮樹立木 翔太宮口 翔太小島 翔大鶴 直史大西 秀明.前庭ノイズ電流刺激が効果的な対象者の検討 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
  • 犬飼康人正木光裕齊藤 慧小島 翔宮口翔太立木翔太 大鶴直史大西秀明.高齢者への noise galvanic vestibular stimulation が立位重心動揺に与える影響.第47回日本臨床神経生理学会
  • 宮坂拡汰犬飼康人正木光裕大鶴直史.小脳への経頭蓋ランダムノイズ電流刺激が立位重心動揺に及ぼす影響.第47回日本臨床神経生理学会
  • 小島 翔宮口翔太佐々木亮樹立木翔太犬飼康人齊藤 慧大鶴直史大西秀明.体性感覚刺激の刺激列が皮質脊髄路の興奮性に及ぼす影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 小島 翔宮口翔太立木翔太齊藤 慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.陰極経頭蓋直流電流刺激が短潜時求心性抑制に及ぼす影響.第2回基礎理学療法学夏の学校
  • 小島 翔宮口翔太立木翔太齊藤 慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.機械的触覚刺激が手指運動機能と皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響.第47回日本臨床神経生理学会
  • 小島 翔宮口翔太立木翔太齊藤 慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.手指への機械的触圧覚刺激による介入が運動機能に及ぼす影響.第17回新潟医療福祉学会学術集会
  • 星 春輝小島 翔宮口 翔太大鶴直史大西秀明.運動練習が同側皮質脊髄路興奮性と運動機能に及ぼす影響.第47回日本臨床神経生理学会
  • 齊藤慧犬飼康人立木翔太佐々木亮樹小島翔宮口翔太正木光裕大鶴直史大西秀明.指尖への末梢電気刺激後に生じる触覚方位弁別能力向上にPaired pulse inhibitionの減弱が関与する.第47回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 齊藤慧犬飼康人立木翔太佐々木亮樹小島翔宮口翔太正木光裕大鶴直史大西秀明.指尖への末梢電気刺激が一次体性感覚野の活動性に及ぼす影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 大塚遼平佐々木 亮樹立木 翔太齋藤 慧犬飼 康人大西 秀明.反復的他動運動後の皮質脊髄路興奮性の変化 関節運動範囲による影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 大西秀明大鶴直史小島翔宮口翔太,白水洋史,亀山茂樹.体性感覚誘発磁界と刺激前皮質活動との関係.第47回日本臨床神経生理学会学術大会
  • Pham Van Manh立木翔太Nguyen Minh Ngoc佐々木亮樹宮口翔太齊藤慧大西秀明.末梢神経電気刺激が皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第17回新潟医療福祉学会学術集会
  • 立木翔太佐々木亮樹Pham Van Manh宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.陰極経頭蓋直流電流刺激後の末梢神経電気刺激が皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第17回新潟医療福祉学会学術集会
  • 立木翔太佐々木亮樹,中川昌樹,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.経頭蓋陰極直流電流刺激後の末梢神経電気刺激が皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 立木翔太佐々木亮樹宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人正木光裕,大鶴直史大西秀明.反復他動運動のduty cycleの有無が皮質脊髄路の興奮性に及ぼす影響.第47回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 清水厳郎, 建内宏重, 本村芳樹, 中尾彩佳, 為沢透, 水上優, 西平真子, 駒村智史, 森下勝之, 正木光裕, 市橋則明.地域在住高齢者における腹部引き込み時の腹横筋の筋活動の検討 せん断波エラストグラフィー機能を用いた検討.第52回日本理学療法学術大会
  • 池添冬芽, 井上和郁子, 正木光裕, 神谷碧, 磯野凌, 加藤丈博, 山縣桃子, 佐伯純弥, 田中真砂世, 田原康玄, 松田文彦, 坪山直生, 市橋則明.地域在住中高齢者における生活空間と身体的・心理的因子との関連についての共分散構造分析.第52回日本理学療法学術大会
  • 山縣桃子, 建内宏重, 清水厳郎, 正木光裕, 市橋則明.地域在住高齢者の転倒有無が歩行時の関節協調性に与える影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 神谷碧, 池添冬芽, 磯野凌, 加藤丈博, 山縣桃子, 佐伯純弥, 田中真砂世, 正木光裕, 田原康玄, 松田文彦, 坪山直生, 市橋則明.地域在住中高齢者における身体的フレイルに関する一考察.第52回日本理学療法学術大会
  • 佐藤駿介, 池添冬芽, 磯野凌, 神谷碧, 加藤丈博, 佐伯純弥, 山縣桃子, 田中真砂世, 正木光裕, 田原康玄, 松田文彦, 坪山直生, 市橋則明.地域在住高齢者における転倒と多様な下肢筋力・筋機能との関連についての前向きコホート研究.第52回日本理学療法学術大会
  • 神谷碧, 池添冬芽, 正木光裕, 荒木浩二郎, 加藤丈博, 中尾彩佳, 廣野哲也, 小山優美子, 市橋則明.施設入所高齢者における生活活動時間の変化に関する縦断的研究.第72回日本体力医学会大会
  • 中山裕子大西秀明,野嶋素子,石津克人,久保雅義.反復的他動運動が皮質内抑制回路に与える影響.第52回日本理学療法学術大会
  • 桐本光,田巻弘之,大鶴直史,山代幸哉,大西秀明.一次運動野に対する静磁場刺激による痛覚神経刺激誘発電位の変化.第47回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 山﨑雄大、佐藤大輔、山代幸哉、中野沙紀、大西秀明、丸山敦夫.一過性の低強度有酸素性運動による一次運動野の上肢および下肢領域の抑制機能の変化.第47回日本臨床神経生理学会学術大会
  • Sato D, Yamazaki Y, Yamashiro K, Uetake Y, Nakano S, Onishi H, Tsubaki A, Shimoyama Y, Maruyama A. Whole-hand water immersion does not change corticospinal excitability in humans. European College of Sport Science2017

書籍・総説・解説>

  • 大西秀明.随意運動および他動運動に伴う皮質活動.中部リハ雑誌.12:2-8
  • 正木光裕.脊柱の運動学.身体運動学 関節の制御機構と筋機能.339-382
  • 正木光裕.脳性麻痺 (痙直型四肢麻痺) 99のWeb動画付イラストでわかる小児理学療法学演習.28-37
  • 桐本光,大西秀明.経頭蓋直流電流刺激を利用した中枢神経興奮性の修飾とその臨床応用 tDCS百話.理学療法学.44: 166-177

講演・シンポジウムなど>

  • 大西秀明.指定規則の改定と今後の大学教育.第11回全国大学理学療法学教育学会大会
  • 大西秀明.理学療法教育のガバナンス.平成29年度日本理学療法士教員協議会
  • 大西秀明.教育の標準性と個別性.平成29年度日本理学療法士教員協議会
  • 大鶴直史.褥瘡と介護.二王子会二の丸 所内勉強会
  • 大鶴直史.疼痛患者に対するリハビリテーション.新潟県セラピスト認定資格継続研修会
  • 大鶴直史.感覚変化を検出する脳内システム.計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2017
  • 大鶴直史.認知行動療法理論に基づく「いきいきリハビリノート」による運動促進法講習会.第9回日本線維筋痛症学会
  • 大鶴直史.ヒトにおける感覚変化検出機構ー慢性疼痛疾患への応用を目指してー.第47回日本臨床神経生理学会
  • 正木光裕.重度脳性麻痺児の脊柱側彎に対する理学療法.西新潟中央病院 院内勉強会
  • 正木光裕.肢体不自由、重症心身障害のある生徒への身体の学習のポイント-脳性麻痺、ストレッチングについて-.新潟県立東新潟特別支援学校 夏期研修会
  • 犬飼康人.脳卒中片麻痺者の立位バランス・歩行の基礎と治療戦略.理学療法士講習会「成人片麻痺の評価と治療」
  • 齊藤慧.末梢電気刺激がもたらす神経生理学的効果の検証.第52回日本理学療法学術大会

2016年度研究業績の紹介

学術論文>

  • Onishi H, Sugawara K, Yamashiro K, Sato D, Kirimoto H, Tamaki H, Shirozu H, Kameyama S .Cortical magnetic activation following voluntary movement and several types of somatosensory stimulation.J Physical Fitness and Sports Medicine
  • Onishi H, Sugawara K, Yamashiro K, Sato D, Kirimoto H, Tamaki H, Shirozu H, Kameyama S. Inhibitory effect of intensity and interstimulus interval of conditioning stimuli on somatosensory evoked magnetic fields. Eur J Neurosci
  • Masaki M, Ikezoe T, Fukumoto Y, Minami S, Aoyama J, Ibuki S, Kimura M, Ichihashi N.Association of walking speed with sagittal spinal alignment, muscle thickness, and echo intensity of lumbar back muscles in middle-aged and elderly women. Aging Clin Exp Res
  • Inukai Y, Saito K, Sasaki R, Tsuiki S, Miyaguchi S, Kojima S, Masaki M, Otsuru N, Onishi H.Comparison of three non-invasive transcranial electrical stimulation methods for increasing cortical excitability.Front Hum Neurosci
  • Inukai Y, Saito K, Sasaki R, Kotan S, Nakagawa M, Onishi H.Influence of Transcranial Direct Current Stimulation to the Cerebellum on Standing Posture Control.Front Hum Neurosci
  • Sasaki R, Kotan S, Nakagawa M, Miyaguchi S, Kojima S, Saito K, Inukai Y, Onishi H.Presence and absence of muscle contraction elicited by peripheral nerve electrical stimulation differentially modulate primary motor cortex excitability.Front Hum Neurosci
  • Sato D, Yamashiro K, Yamazaki Y, Tsubaki A, Onishi H, Takehara N, Maruyama A. Site specificity of changes in cortical oxyhaemoglobin concentration induced by water immersion.Adv Exp Med Biol
  • Kirimoto H, Tamaki H, Onishi H.Transcranial static magnetic field stimulation - new non-invasive brain stimulation tool.J Physical Fitness and Sports Medicine.
  • Kirimoto H, Asao A , Tamaki H, Onishi H.Non-invasive modulation of somatosensory evoked potentials by the application of static magnetic fields over the primary and supplementary motor cortices. Scientific reports
  • Sugawara K, Onishi H, Yamashiro K, Kojima S, Miyaguchi S, Kotan S, Tsubaki A, Kirimoto H, Tamaki H, Shirozu H, Kameyama S.Effect of range and angular velocity of passive movement on somatosensory evoked magnetic fields.Brain Topography
  • 齊藤慧犬飼康人,小丹晋一,佐々木亮樹,中川昌樹,大西秀明.末梢神経に対するトレイン刺激が皮質脊髄路の興奮性に及ぼす影響.物理療法科学
  • 丸山祐一,椿 淳裕,高井遥菜,宮口翔太大西秀明.運動イメージ想起方法の違いが運動関連領野の脳血流変化に及ぼす影響.日本基礎理学療法学雑誌
  • 山代幸哉,佐藤大輔,大西秀明,中澤翔,下門洋文,山﨑雄大,丸山敦夫.テーピングが痛覚関連体性感覚誘発電位に及ぼす影響.体力科学
  • 桐本 光,大西秀明.経頭蓋直流電流刺激を利用した中枢神経興奮性の修飾とその臨床応用-tDCS 百話-.理学療法学

学会発表>

  • Kojima S, Onishi H, Miyaguchi S, Kotan S, Sugawara K, Kirimoto H, Tamaki H.Effects of cathodal transcranial direct current stimulation to primary somatosensory cortex on short-latency afferent inhibition.The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering
  • 大鶴直史, 橋詰 顕,中川 慧,猪村剛史,弓削 類.体性感覚情報処理における predictive coding. 第 51 回日本理学療法学術大会
  • 大鶴直史大西秀明.身体性と疼痛リハビリテーション.第 17 回計測自動制御学会
  • 正木光裕, 池添冬芽, 簗瀬康, 季翔, 井上和郁子, 佐藤郁弥, 梅原潤, 青山惇一, 南征吾, 福元喜啓, 渡邊裕也, 木村みさか, 市橋則明.地域在住中高齢女性における腰痛と立位姿勢アライメント,背部筋の筋量および筋硬度との関連.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 正木光裕, 池添冬芽, 神谷碧, 荒木浩二郎, 磯野凌, 加藤丈博, 草野拳, 田中真砂世, 佐藤駿介, 廣野哲也, 庄司真, 田村燿, 北潔, 坪山直生, 市橋則明.施設入所高齢者における日常生活動作と段差昇段動作中の荷重位下肢筋力との関連.第 43 回日本臨床バイオメカニクス学会
  • 齊藤慧犬飼康人,佐々木亮樹,中川昌樹,大西秀明.末梢神経への電気刺激と経頭蓋磁気刺激の組み合わせが皮質脊髄路の興奮性変化に及ぼす影響.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 齊藤慧犬飼康人,佐々木亮樹,中川昌樹,立木翔太,大鶴直史大西秀明.末梢電気刺激と経頭蓋磁気刺激のペア刺激が皮質脊髄路の興奮性変化に及ぼす影響〜刺激間隔に関する検討〜.第 46 回日本臨床神経生理学会
  • 犬飼康人齊藤慧, 佐々木亮樹, 中川昌樹, 大西秀明.皮質脊髄路興奮性を誘導する最適な経頭蓋電流刺激法の検証 第 46 回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 犬飼康人齊藤慧, 佐々木亮樹, 立木翔太, 宮口翔太, 小島翔正木光裕大鶴直史大西秀明. 小脳への経頭蓋電流刺激が閉眼立位重心動揺に及ぼす影響.第 17 回日本電気生理運動学会
  • 犬飼康人正木光裕齊藤慧, 佐々木亮樹, 立木翔太, 宮口翔太小島翔大鶴直史大西秀明.ランダムノイズ前庭電流刺激が立位重心動揺に与える影響.第 14 回日本神経理学療法学会学術集会
  • 小島 翔大西 秀明宮口 翔太, 小丹 晋一, 佐々木 亮樹, 中川 昌樹, 桐本 光, 田巻 弘之,大高 洋平.機械的擦刺激による介入が皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 小島 翔大西 秀明宮口 翔太, 佐々木 亮樹, 中川 昌樹, 立木 翔太, 桐本 光, 田巻 弘之.機械的触覚刺激による刺激方法の違いが皮質脊髄路の興奮性に及ぼす影響.第 46 回臨床神経生理学会学術大会
  • 宮口翔太小島 翔,小丹晋一,中川晶樹,佐々木亮樹,田巻弘之大西秀明.軽負荷反復運動課題による Post exercise depression 期間中の皮質内抑制回路の変化.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 宮口翔太,立木翔太,佐々木亮樹,中川晶樹,小島 翔,桐本 光,田巻弘之大西秀明.軽負荷反復運動による Post-exercise depression が一次運動野の可塑的変化に及ぼす影響.第 46 回日本臨床神経生理学会
  • 佐々木亮樹,中川昌樹,小丹晋一,宮口翔太小島翔犬飼康人齊藤慧大西秀明.反復的他動運動の運動頻度の違いが皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 佐々木亮樹,中川昌樹,立木翔太,宮口翔太小島翔犬飼康人齊藤慧大西秀明.反復的他動運動の運動頻度の違いが体性感覚誘発電位に与える影響.第 46 回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 佐々木亮樹,中川昌樹,立木翔太,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.末梢神経電気刺激による筋収縮の有無が体性感覚誘発電位に与える影響.第 17 回日本電気生理運動学会大会
  • 中川 昌樹,佐々木 亮樹,小丹 晋一,宮口 翔太小島 翔犬飼 康人齊藤 慧大西 秀明.他動運動時の関節角度および運動方向の違いが皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 中川 昌樹,佐々木亮樹,立木 翔太,宮口 翔太小島 翔犬飼 康人齊藤 慧大西 秀明.他動運動時の関節角度および運動方向の違いが運動誘発電位に与える影響.第 46 回日本臨床神経生理学会
  • 立木翔太,佐々木亮樹,小丹晋一,中川昌樹,宮口翔太小島翔犬飼康人齊藤慧大西秀明.等尺性随意収縮の運動強度,運動時間の違いが皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第 51 回日本理学療法学術大会
  • 立木翔太,佐々木亮樹,中川昌樹,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人大西秀明.経頭蓋陰極直流電流刺激と末梢神経電気刺激の組み合わせが皮質脊髄路の興奮性に及ぼす影響.第 46 回日本臨床神経生理学会学術大会
  • 立木翔太,佐々木亮樹,中川昌樹,宮口翔太小島翔齊藤慧犬飼康人正木光裕大鶴直史大西秀明.経頭蓋直流電流刺激(陽‐陰極)と末梢神経電気刺激(低‐高周波)の組み合わせが皮質脊髄路の興奮性に与える影響.第 17 回日本電気生理運動学会大会

書籍・総説・解説>

  • 大西秀明.体性感覚刺激による誘発脳磁界.新潟医療福祉学会誌
  • 大西秀明.脳活動の検出と解析-脳磁図と近赤外線分光法-.生体応用計測

講演・シンポジウムなど>

  • 大西秀明.中枢神経障害に対する理学療法の基礎-随意運動および体性感覚刺激と皮質活動-.中部リハビリテーション研修会
  • 大西秀明.運動遂行時および体性感覚刺激時における大脳皮質活動とその変調について-リハビリテーション研究の拠点を目指して-.第 17 回日本電気生理運動学会
  • 大西秀明.機械的触覚刺激による体性感覚誘発磁界.日本臨床神経生理学会
  • 大鶴直史.疼痛評価を目的とした脳内情報処理の基礎的研究.自然科学研究機構生理学研究所部門公開セミナー
  • 大鶴直史.痛覚神経の選択的電気刺激方法の考案.第 17 回計測自動制御学会キーノートスピーチ
  • 大鶴直史.痛みの評価を目的とした感覚情報処理の基礎的研究.第 51 回日本理学療法学会
  • 犬飼康人.成人片麻痺の評価と治療.理学療法士講習会
  • 齊藤慧.臨床での電気刺激治療の使い方.新潟リハビリテーション病院院内研修会
  • 齊藤慧.電気刺激がもたらす神経生理学変化.桑名病院院内研修会
  • 小島翔.経頭蓋直流電流刺激が皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響.第 10 回日本作業療法研究学会学術大会

科研費・外部資金>

  • 大西秀明.基盤研究(B).運動学習および感覚学習過程における皮質内抑制回路の役割・斎藤慧.若手研究(B).ヒトの感覚機能の回復を促す新たなリハビリテーション手法の開発
  • 正木光裕.研究活動スタート支援.脳性麻痺児の運動発達と関連する体幹・下肢筋の筋量および筋内非収縮組織の解明
  • 小島翔.研究活動スタート支援.機械的触覚刺激が皮質席次路の興奮性に及ぼす影響
  • 小島翔.笹川科学研究助成.受動的および能動的触覚刺激による介入が皮質脊髄路興奮性に及ぼす影響